宮脇 俊三

(ミヤワキ・シュンゾウ)
宮脇 俊三(みやわき しゅんぞう、1926年12月9日 - 2003年2月26日)は、日本の編集者、紀行作家。元中央公論社常務取締役。鉄道での旅を中心とした作品を数多く発表した。父は陸軍大佐で、後に衆議院議員となった宮脇長吉。娘に作家の宮脇灯子。 編集者として日本出版史に残る企画に数多くたずさわり、名編集者と謳われる。作家北杜夫を世に出したのも功績の一つである。 紀行作家としては、地理や歴史の深い教養に裏打ちされた簡潔かつ格調高く、軽妙なユーモアにあふれた文章を書くことで知られる。また熱心な鉄道ファンでありながら、専門用語などを自慢気に羅列したり、評論家ぶったりするなどの、ごく一部の趣味者に見られる嫌味さが作品内にはほとんどなく、飄々とした文体が多くの人々に受け入れられ、鉄道ファンにとどまらない多くの愛読者を惹きつける。このため、典型的な鉄道ファンであるにもかかわらず、「普通の鉄道ファンとは違って…」と鉄道趣味への誤解と相まって評されることも多い。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第13回 泉鏡花文学賞

宮脇 俊三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

宮脇 俊三の著書を検索する

宮脇 俊三の関連ニュース


宮脇 俊三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宮脇 俊三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宮脇 俊三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.