宮崎 学

(ミヤザキ・マナブ)
宮崎 学(みやざき まなぶ、1945年10月25日 - )は、日本の評論家、ノンフィクション作家、小説家。京都府京都市伏見区深草福稲高松町生まれ。 1996年10月、南風社より、自らの経歴を記した『突破者』を発表し、小版元からの出版で、広告宣伝をしなかったが、1997年夏時点で15万部を出版する。以来「元アウトローの作家(文化人)」ではなく「作家の看板をあげたアウトロー」の「生活者」と称する。2005年には英語版『TOPPA MONO』も翻訳出版された。 生い立ち、家系 京都・伏見のヤクザ寺村組の初代組長を父に、大阪・釜ヶ崎の博徒の娘を母に持った、4人きょうだいの末子である。父の宮崎清親(旧姓・寺村)は京都府の南端、木津川沿いの綴喜郡井手村(いまの井手町玉水)の貧しい農家の次男坊であり、10代の初めに京都に出てきた。戦後になってから中島源之介の中島会(のちに中島連合会)と正式に関わりをもって盃をうけ、ヤクザの世界に加わる。父は博徒であったが、その一方で鳶や土方を数十人抱える解体屋寺村組の親方でもあった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

宮崎 学の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

続・突破者



同時代社

フクロウ



平凡社

任侠事始め



太田出版

右翼の言い分



アスコム


宮崎 学の著書を検索する

宮崎 学の関連ニュース


宮崎 学のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宮崎 学と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宮崎 学」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.