宮沢 章夫

(ミヤザワ・アキオ)
宮沢 章夫(みやざわ あきお、1956年12月9日 - )は、日本の劇作家、演出家、作家。遊園地再生事業団主宰。 1956年、静岡県掛川市生まれ。多摩美術大学美術学部建築科中退。大学在学中、映像演出研究会で8ミリ映画の制作をする。大学を中退し、それからしばらく定職に就かなかったものの、24歳になってから執筆活動を開始した。1985年、大竹まこと、きたろう、斉木しげる、いとうせいこう、竹中直人、中村ゆうじらとパフォーマンスユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成し、1989年まで活動する。放送関連の仕事などそれまでしていた仕事をすべて辞めマダガスカルに長期滞在。 帰国後の1990年、作品ごとに俳優を集めて演劇を上映する劇団「遊園地再生事業団」を作り、主宰。2000年、京都造形芸術大学助教授となり活動を休止していたが、大学を退任し2003年に再開した。1992年に発表した「ヒネミ」で岸田國士戯曲賞を受賞。小説「サーチエンジン・システムクラッシュ」は、第122回芥川賞、第13回三島由紀夫賞の候補にもなった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

宮沢 章夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論


NHK「ニッポン戦後サブカルチャー史」制作班 編集 /
NHK出版

牛への道



新潮社

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史


宮沢 章夫 編集 /NHK「ニッポン戦後サブカルチャー史」制作班 編集 /
NHK出版

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史


宮沢章夫 編集 /NHK「ニッポン戦後サブカルチャー史」制作班 編集 /
NHK出版 2014-11-27
気鋭の劇作家がサブカルチャーの命脈をひも解く大島渚、ラジオの深夜放送、YMO、岡崎京子…。各時代を象徴する表現に共通していたものはいったい何だったのか。戦後70年を10年ごとに

『資本論』も読む (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2016-03-18
「せめて『資本論』を読んでから死にたい!」。憧れの気持ちは強くとも、歴史的大著の前では常に挫折の繰り返し。人生数度目の挑戦でも、長い序文が、他の原稿が、演劇の公演が、日常の雑事が、またも行く手を阻む。

『資本論』も読む



WAVE出版

長くなるのでまたにする。 (幻冬舎単行本)



幻冬舎 2015-05-15
何を言っているのかよくわからない人に何回聞き返していいのか? 演劇界の異才が切り取る日常のワンシーン。読めば読むほど、「どうかしている」気持ちになる得体の知れないエッセイ。

宮沢 章夫の著書を検索する

宮沢 章夫の関連ニュース


宮沢 章夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宮沢 章夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宮沢 章夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.