三好 京三

(ミヨシ・キョウゾウ)
三好 京三(みよし きょうぞう、1931年(昭和6年)3月27日 - 2007年(平成19年)5月11日)は、岩手県胆沢郡前沢町(現・奥州市)出身の小説家。本名、佐々木 久雄(ささき ひさお)。 旧制・岩手県立一関中学校(現・岩手県立一関第一高等学校)卒業。学生時代の友人に後の作家・光瀬龍がいた。 前沢町役場勤務を経て、種市町立中野小学校及び種市町立宿戸小学校(現洋野町)に助教諭として赴任、その後1962年(昭和37年)に旧衣川村立(現奥州市)衣川小学校大森分校に赴任。1971年(昭和46年)には同校勤務の傍ら6年間掛けて慶應義塾大学通信教育部文学部国文学科を卒業した。 妻が子宮摘出を受け子どもを授かることができなくなった経緯もあり、友人で作家・社会学者として知られるきだみのるの11歳の娘を養女に迎えた。父と放浪生活をしていた娘は、学校にも通わず、野性児のようだった。 その成長過程を描いた1975年(昭和50年)出版の『子育てごっこ』で文學界新人賞及び直木賞を受賞し、これが事実上の文壇デビューとなった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第76回 直木賞 / 第41回 文學界新人賞

三好 京三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

三船十段物語 琥珀の技 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
「三船久蔵は単なる選手ではなくて、求道的であったという点でも真の柔道家であった。……書き終えて、一業に秀でた人間のすさまじい闘志にふれた感動が、ずっしり胸底に残っている」(あとがき)。一五九センチ、五

キャンパスの雨



文藝春秋

キャンパスの雨



文藝春秋
『子育てごっこ』で直木賞を受賞した三好京三が、自身の体験をもとに書いた中年大学生の通信教育奮戦記である。三好が慶應義塾大学文学部国文学科(通信教育課程)に入学したのは昭和40年4月、卒業は46年3月な

子育てごっこ (1979年) (文春文庫)



文藝春秋
子育てごっこ 親もどき「小説・きだみのる」

遠野夢詩人 佐々木喜善と柳田国男 PHP文庫



PHP研究所 2015-10-09
この話はすべて遠野の人佐々木鏡石君より聞きたり。――日本民俗学の名著『遠野物語』はこの一文から始まる。民話の宝庫・遠野に生まれ、自ら作家を志した佐々木鏡石こと喜善。しかし柳田国男との出会いが彼の運命を

三好 京三の著書を検索する

三好 京三の関連ニュース


三好 京三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三好 京三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三好 京三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.