三好 達治

(ミヨシ・タツジ)
三好 達治(みよし たつじ、1900年(明治33年)8月23日 - 1964年(昭和39年)4月5日)は大阪府大阪市出身の詩人、翻訳家、文芸評論家。日蓮宗本山本満寺貫首を務めた三好龍紳は実弟。 大阪市西区西横堀町に父政吉・母タツの長男として生まれた。家業は印刷業を営んでいたがしだいに没落し、市内で転居を繰り返した。小学生の頃から病弱で神経衰弱に苦しみ学校は欠席がちだったが、図書館に通い高山樗牛、夏目漱石、徳冨蘆花などを耽読した。大阪府立市岡中学に入学し、俳句に没頭したほか、「ホトトギス」を購読した。 しかし学費が続かず、2年で中退。大阪陸軍地方幼年学校を経て陸軍中央幼年学校本科に入学。1920年陸軍士官学校に入学するも翌年、北海道までに及ぶ大脱走をし退校処分となった。このころ家業が破産、父親は失踪し、以後大学を出るまで学資は叔母の藤井氏が出してくれた。 1922年、第三高等学校文科丙類に入学。三高時代はニーチェやツルゲーネフを耽読し、丸山薫の影響で詩作を始める。 第三高等学校卒業後、東京帝国大学文学部仏文科に入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

三好 達治の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

三好 達治の著書を検索する

三好 達治の関連ニュース


三好 達治のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三好 達治と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三好 達治」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.