三好 徹

(ミヨシ・トオル)
三好 徹(みよし とおる、1931年1月7日 - )は、日本のジャーナリスト、作家。 来歴・人物 東京生まれ。本名・河上雄三。旧制中学校2年修了時に試験を受けて14才で陸軍幼年学校に入学した。東京府立第一商業学校(現・東京都立第一商業高等学校)卒業後、横浜高等商業学校に進学、同卒業(現・横浜国立大学経済学部)。1950年、読売新聞社に採用試験首席で入社、同期に渡邉恒雄(ちなみに渡邉は採用試験次席)。 入社後、横浜支局を経て本社地方部に勤務。同部で上司と対立し、水戸支局へ左遷される。その後、読売の先輩である菊村到の勧めで記者をしながら小説を書く。1959年、『遠い声』にて文學界新人賞次席(三好漠名義)。本名で『大学の裏窓』刊行の後、1966年、長編推理小説『光と影』で作家デビュー、同年、『風塵地帯』で日本推理作家協会賞、1967年下半期(1968年1月)、「聖少女」で直木賞受賞、以後、推理小説、スパイ小説、歴史小説等多数の作品を執筆。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第58回 直木賞

三好 徹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

チェ・ゲバラ伝



原書房
š’ʏí”z‘—–³—¿š‘½­‚ÌŽg—pŠ´(ƒXƒŒ‚È‚Ç)‚ ‚è‚Ü‚·‚ªA‚¨“Ç‚Ý‚¢‚½‚¾‚­‚É‚ÍŽxá‚È‚¢ó‘Ô‚Å‚·ByƒAƒ}ƒ]ƒ“ƒZƒ“

チェ・ゲバラ伝



原書房

チェ・ゲバラ伝 増補版



文藝春秋 2014-04-11
1冊でたどる「チェ・ゲバラ」の生涯南米アルゼンチンの裕福な家に生まれ、医師になるも、貧困と圧政と腐敗の覆う現実を憂い、キューバ革命へと身を投じたチェ・ゲバラ。彼はどのように生き

政・財 腐蝕の100年 大正編 (講談社文庫)



講談社 2012-12-17
ロッキード事件を遙かに凌ぐ巨額汚職・シーメンス事件で幕を開け、旧態依然とした藩閥政治から政党政治へと権力闘争の場を移していった大正の政界。大財閥や軍部と強固に結びつき、国際社会への台頭に心血を注ぐ山県

三好 徹の著書を検索する

三好 徹の関連ニュース


三好 徹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三好 徹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三好 徹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.