水村 美苗

(ミズムラ・ミナエ)
水村 美苗(みずむら みなえ、1951年 - )は、日本の小説家、評論家。夫は東京大学経済学部教授岩井克人。
東京都生まれ。父親の仕事の関係で12歳の時に渡米。ボストン美術学校(:en:School of the Museum of Fine Arts, Boston en)、イェール大学フランス文学専攻、イェール大学大学院仏文科博士課程修了。ポール・ド・マンの教えを受ける。
プリンストン大学講師、ミシガン大学客員助教授、スタンフォード大学客員教授として、日本近代文学を教える。
プリンストン大学で教鞭を執る傍ら日本語で小説を書き始める。夏目漱石の遺作『明暗』にあった未解決の部分を丁寧に完結させた第一作『續明暗』は、1990年芸術選奨新人賞を受賞した。欧文が部分的に混在する横書きで、自伝を重ねた第二作『私小説 from left to right』は、1995年野間文芸新人賞を受賞した。エミリー・ブロンテ著『嵐が丘』を戦後日本の舞台に書き換えた第三作『本格小説』は、2002年読売文学賞を受賞した。2009年には『日本語が亡びるとき』で小林秀雄賞を受賞し、同賞を夫婦でものにしたことになる。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第17回 野間文芸新人賞 / 第54回 読売文学賞小説賞

水村 美苗の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

続 明暗 (ちくま文庫)



筑摩書房

続 明暗



筑摩書房

本格小説 上



新潮社

本格小説 下



新潮社

母の遺産 - 新聞小説(下) (中公文庫)



中央公論新社 2015-03-20


水村 美苗の著書を検索する

水村 美苗の関連ニュース


水村 美苗のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、水村 美苗と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「水村 美苗」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.