モブ・ノリオ

(モブ・ノリオ)
モブ・ノリオ(男性、1970年11月16日 - )は、日本の小説家。 奈良県桜井市出身。実家は400年続く旧家。大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業、同大学大学院専攻科除籍。学生時代に中上健次の主宰した熊野大学に参加、ここで『早稲田文学』現編集長で文芸評論家の市川真人、批評家の池田雄一と知り合う。彼らの誘いで上京し、東京大学の古井由吉ゼミのニセ学生をやっていた。 家庭教師などを経て2004年、祖母の死をきっかけにして書いた小説『介護入門』で第98回文學界新人賞を受賞、同作品で第131回芥川龍之介賞受賞。ヒップホップ的な文体で介護という現代的テーマを取り上げている事が話題となる。 文學界新人賞を受賞した際に顔写真の提出を求められ、祖父の写真を送ったところ、「これは客観的に観て、モブ様のお父様か、おじいさまのものと思われます。こういうところは本人でないとだめです。本人である客観性を満たし得る写真をお願いします」と即座に編集部からメールで却下されたため、祖父の写真と自分の写真を合成したものを送り、担当者に呆れられつつも掲載されたという経緯がある。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第131回 芥川賞 / 第98回 文學界新人賞

モブ・ノリオの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

介護入門 (文春文庫)



文藝春秋

介護入門



文藝春秋

作家の読書道3


WEB本の雑誌 編集 /
本の雑誌社

現代思想2012年5月号 特集=大阪



青土社 2012-04-27

JOHNNY TOO BAD内田裕也



文藝春秋


モブ・ノリオの著書を検索する

モブ・ノリオの関連ニュース


モブ・ノリオのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、モブ・ノリオと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「モブ・ノリオ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.