望月 守宮

(モチヅキ・ヤモリ)
主な受賞歴
第40回 メフィスト賞

望月 守宮の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

無貌伝 ~夢境ホテルの午睡~ (講談社ノベルス)



講談社 2012-10-26
怪盗・無貌……それは世界が畏怖する生ける怪異。探偵・秋津とその助手・望は、宿敵無貌逮捕の報を受け、夏原ホテル――別名「夢境ホテル」へと向かった。そこには、殺人鬼探偵をはじめ、一癖も二癖もありそうな宿泊

無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス)



講談社 2012-10-26
人と“ヒトデナシ”と呼ばれる怪異が共存する世界――。名探偵・秋津は、怪盗・無貌によって「顔」を奪われ、失意の日々を送っていた。さらにある日、親に捨てられた孤高の少年・望が突然あらわれ、隠し持った銃を突

無貌伝 ~探偵の証~ (講談社ノベルス)



講談社 2014-01-10
比類無き名探偵・御堂八雲の裏切りを知った探偵助手の望は、ヒトデナシ憑きの少女・芹と逃避行を始める。八雲、魔縁、警察、三者に追われながら、師匠である秋津のもとへと走る望たちだったが、秋津は望みを置いて失

無貌伝 ~綺譚会の惨劇~ (講談社ノベルス)



講談社 2014-01-10
探偵見習いの望は、名探偵・御堂八雲(みどうやくも)に呼び出され、怪事件について語り合う談話会――綺譚会に参加することに。そこで紡がれる物語は、夢幻の顔を持つ怪盗・無貌と彼の協力者たちに纏(まつ)わる、

無貌伝 ~最後の物語~ (講談社ノベルス)



講談社 2014-12-12
人と"ヒトデナシ"と呼ばれる怪異が共存している世界――。怪盗・無貌によって「顔」を奪われた仮面の探偵・秋津は、再起を求めて無貌を追い、楽園の島にたどり着く。その頃、秋津の妻の遙は、顔を奪った人々のもと

望月 守宮の著書を検索する

望月 守宮の関連ニュース


望月 守宮のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、望月 守宮と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。