森 敦

(モリ・アツシ)
森 敦(もり あつし、1912年(明治45年)1月22日 - 1989年(平成元年)7月29日)は、日本の小説家。 来歴・人物 長崎市(当時の銀屋町)出身。幼少期は朝鮮・京城(今のソウル)で暮らし、京城中学校に学ぶ。1931年(昭和6年)に旧制第一高等学校に入学するも翌年退学。この頃、菊池寛に見出される。横光利一に師事し、その推薦により1934年(昭和9年)、22歳で東京日日新聞・大阪毎日新聞に『酩酊舟〔よいどれぶね〕』を連載、事実上の処女作となる。同年、太宰治、檀一雄、中原中也、中村地平らと文芸同人誌『青い花』の創刊に参加したが、作品の発表には至らず、奈良・東大寺の瑜伽山(ゆかやま)に住む。1941年(昭和16年)5月、横光利一夫妻の媒酌で前田暘〔よう〕と結婚。 1945年(昭和20年)頃から妻の故郷である山形県酒田市に住み、以後同県庄内地方を転々とする。1951年(昭和26年)8月下旬、鶴岡市にある真言宗の古刹・龍覚寺の住職の勧めで翌年春まで湯殿山注連寺に滞在する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第70回 芥川賞 / 第40回 野間文芸賞

森 敦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

システムテスト自動化 標準ガイド (CodeZine BOOKS)


テスト自動化研究会 翻訳 /鈴木 一裕 監修 /鈴木 一裕 翻訳 /太田 健一郎 監修 /森 龍二 翻訳 /近江 久美子 翻訳 /永田 敦 翻訳 /吉村 好廣 翻訳 /板垣 真太郎 翻訳 /浦山 さつき 翻訳 /井芹 洋輝 翻訳 /松木 晋祐 翻訳 /長田 学 翻訳 /早川 隆治 翻訳 /
翔泳社

月山・鳥海山 (文春文庫 も 2-1)



文藝春秋 2012-09-20
出羽の霊山・月山の山ふところにある破れ寺に、ひとりの男がたどりつく。炉ばたでひたすら割り箸を作り続ける寺の男、女たちによる念仏のあつまり、庭を見せようと豪雪にもかかわらず雪かきにはげむ老人……。雪に閉

おとなのための中学校国語の教科書傑作集


おとなのための教科書編集部 編集 /
Winas, Inc. 2013-10-10
「あ、国語の教科書って、こんなに面白かったんだ…!」記憶の片隅におぼろに残る物語たち。大人になってから読み返すそれらの作品は、懐かしさと、そして意外にも

月山



河出書房新社

意味の変容 (ちくま文庫)



筑摩書房 2013-08-02
光学工場、ダム工事現場、印刷所、およそ「哲学」とは程遠い場所で積み重ねられた人生経験。本書は、著者がその経験の中から紡ぎ出した論理を軸に展開した、特異な小説的作品である。幽冥の論理やリアリズム1.25

意味の変容



筑摩書房


森 敦の著書を検索する

森 敦の関連ニュース


森 敦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森 敦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森 敦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.