森 茉莉

(モリ・マリ)
森 茉莉(もり まり、1903年1月7日 - 1987年6月6日)は、日本の小説家、エッセイスト。翻訳も行っている。 東京市本郷区駒込千駄木町出身。文豪森鷗外と、その2人目の妻志げの長女である。幻想的で優雅な世界を表現することに優れており、主な著作には『父の帽子』『恋人たちの森』『甘い蜜の部屋』などがある。また、独特の感性と耽美的な文体を持つエッセイストとして、晩年まで活躍した。 来歴・人物 森家の長女として生まれた茉莉は、鷗外を始め非常に多くの人に囲まれ、かわいがられて育った。特に鷗外の溺愛ぶりは有名で、彼女は16歳まで鷗外の膝の上に座っていたという。 東京女子高等師範学校附属小学校(現・お茶の水女子大学附属小学校)に入学したが、10歳の時に教師と衝突して中退し、仏英和尋常小学校(現・白百合学園小学校)に転校。1919年3月、仏英和高等女学校(現・白百合学園高等学校)卒業。同年11月、鷗外の紹介でフランス文学者の山田珠樹と結婚する。1922年に1年間渡仏してパリに住む。この旅の途中で、日本で最愛の父が死去した。このことが、後年鷗外像を美化する一因ともなる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第3回 泉鏡花文学賞

森 茉莉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

幸福はただ私の部屋の中だけに (ちくま文庫)


早川 茉莉 編集 /
筑摩書房

贅沢貧乏(新潮文庫)



新潮社 2016-06-17
著者の創作の舞台裏である愛猫とふたり(?)の珍妙なアパート暮しのようすを軽妙な筆致で、自由に綴る批評的自画像。見かけだけ贅沢で、実は、内容の寒々としている現代風の生活に、侮蔑をなげつけながら、奔放豪華

贅沢貧乏



新潮社

贅沢貧乏 (新潮文庫 草 174-2)



新潮社
著者の創作の舞台裏であり愛猫とふたり(?)の珍妙なアパート暮しのようすを軽妙な筆致で、自由に綴る批評的自画像。見かけだけ贅沢で、実は、内容の寒々としている現代風の生活に、侮蔑をなげつけながら、奔放豪華

贅沢貧乏のお洒落帖 (ちくま文庫)


早川 茉莉 編集 /
筑摩書房

貧乏サヴァラン (ちくま文庫)


早川 暢子 編集 /
筑摩書房

貧乏サヴァラン (ちくま文庫)


早川暢子 編集 /
筑摩書房 2013-09-13
家事がまるきりダメな茉莉のたった一つの例外が料理。父森鴎外が留学先で覚えたドイツの下宿屋料理と生まれ育った東京の家庭料理を出自に、ブリア・サヴァランばりに食べ続ける。オムレット、ボルドオ風茸料理、白魚

森 茉莉の著書を検索する

森 茉莉の関連ニュース


森 茉莉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森 茉莉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森 茉莉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.