森 鴎外

(モリ・オウガイ)
森 鷗外(もり おうがい、1862年2月17日(文久2年1月19日) - 1922年(大正11年)7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。 石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。東京大学医学部卒業。 大学卒業後、陸軍軍医になり、陸軍省派遣留学生としてドイツで4年過ごした。帰国後、訳詩編「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表する一方、同人たちと文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動に入った。その後、日清戦争出征や小倉転勤などにより、一時期創作活動から遠ざかったものの、『スバル』創刊後に「ヰタ・セクスアリス」「雁」などを発表。乃木希典の殉死に影響されて「興津弥五右衛門の遺書」を発表後、「阿部一族」「高瀬舟」など歴史小説や史伝「澁江抽斎」等も執筆した。 晩年、帝室博物館(現在の東京国立博物館・奈良国立博物館・京都国立博物館等)総長や帝国美術院(現日本芸術院)初代院長なども歴任した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

森 鴎外の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

『森鴎外全集・136作品⇒1冊』



森鴎外全集・出版委員会 2014-11-27
「舞姫」「高瀬舟」「阿部一族」などの代表作を始め、リルケやアラン・ポー、トルストイなどの翻訳作「41作品」を同時に収録した、森鴎外全集の決定版。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

山椒大夫・高瀬舟 (講談社 青い鳥文庫)


清水 耕蔵 イラスト /
講談社

山椒大夫・高瀬舟 アイドル・ブックス 14


加藤 敏郎 イラスト /
ポプラ社
・山椒大夫  ・鶏  ・蛇  ・阿部一族 ・大塩平八郎  ・安井夫人  ・最後の一句 ・高瀬舟  ・寒山拾得 掲載。

山椒大夫・高瀬舟



新潮社 2013-07-01
人買いのために引離された母と姉弟の受難を通して、犠牲の意味を問う『山椒大夫』、弟殺しの罪で島流しにされてゆく男とそれを護送する同心との会話から安楽死の問題をみつめた『高瀬舟』。滞欧生活で学んだことを振

舞姫



2012-09-27
明治・大正期の文学者、森鴎外の代表的な短編小説作品。本作が森鴎外の処女小説である。初出は「国民之友」[1890年(明治23年)]。初期の代表作であり、1884年から5年間のドイツ留学時の体験を下敷きに

舞姫 (集英社文庫)



集英社


森 鴎外の著書を検索する

森 鴎外の関連ニュース


森 鴎外のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森 鴎外と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森 鴎外」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.