森 禮子

(モリ・レイコ)
森 禮子(もり れいこ 1928年7月7日 - 2014年3月28日)は小説家・劇作家。 概略 クリスチャンで独身。福岡市生まれ。福岡県立福岡高等女学校(現・福岡県立福岡中央高等学校)卒業。1947年、西南学院バプテスト教会にて受浸(バプテスマ)。1949年まで西南学院大学図書館に勤務。 1950年、第3期九州文学に参加し、処女作『レエヌのある風景』を発表。NHK福岡放送局作家グループのメンバーとなり、放送作家としても活動する。27歳の時に上京して『文芸首都』に入り、北杜夫、なだいなだ、佐藤愛子らと交際。小説「鎮魂曲」が「婦人朝日」の懸賞小説に入選。1963年、「未完のカルテ」で女流新人賞次席。その後、放送作家として台本を書く。新劇に熱中し、劇団現代その他のサークルに7~8本の戯曲を書く。ラジオ、テレビの脚本も手掛ける。1976年に「遊園地暮景」で新潮新人賞候補。しかし十二指腸潰瘍を患い、医師から「切るか、放送作家をやめるか」と迫られて小説家に転向。国際結婚した姉が住む米国の小さな町に1ヶ月滞在。その時の見聞から1980年『モッキングバードのいる町』で第82回芥川賞受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第82回 芥川賞

森 禮子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

森禮子戯曲集



菁柿堂

ひとり行く旅



菁柿堂

加賀前田家の母と姫



北國新聞社出版局

南蛮伴天連の道



教文館

モッキングバードのいる町



新潮社 2016-06-17
アメリカ中部の田舎町で、退役軍人の夫と暮らす圭子は、年のせいか猛烈に望郷の念に駆られることが多くなる。彼女をはじめ、若い男との惨めな情事に溺れるスウや、教育熱心なあまり、子殺しの罪を犯したジューンとい

ひとりの時間



海竜社


森 禮子の著書を検索する

森 禮子の関連ニュース


森 禮子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森 禮子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森 禮子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.