森 青花

(モリ・セイカ)
森 青花(もり せいか、女性、1958年 - )は日本の小説家(SF作家)。福岡県生まれ。 経歴・人物 京都大学文学部独文科卒。1999年、第11回日本ファンタジーノベル大賞の優秀賞受賞作品、『BH85』でデビューした。 新聞記者の夫と二人暮らしであり、百貨店勤務を経て現在に至る。尊敬する作家としてアントニオ・タブッキを上げている。 書籍 BH85(1999年12月、新潮社) さよなら(2003年9月、角川書店) BH85 ―青い惑星(ほし)、緑の生命(いのち) (2008年8月、徳間デュアル文庫) 寄稿誌・アンソロジー収録作品 コラム招待席「ああ、恥ずかし」 - 『小説新潮』第54巻第2号 (2000年2月) 「懐かしい町」 - 『波』第34巻第6号 (2000年6月、新潮社) 「闇鍋」 - 『短篇ベストコレクション 現代の小説2002』(2002年5月、徳間文庫) 「砲丸のひと」 - 『紅と蒼の恐怖』(2002年8月、祥伝社ノン・ノベル) 「ムラサキくん」 - 『紫迷宮』(2002年12月、祥伝社文庫) 「あおいちゃん」 - 『邪香草』(2003年4月、祥伝社文庫) 「ヴェンデッタ」 - 『異形コレクション 夏のグランドホテル』(2003年6月、光文社文庫) 「Tableau vivant活人画」 - 『異形コレクション 教室』(2003年9月、光文社文庫) 「龍の壺」 - 『短篇ベストコレクション 現代の小説2006』(2006年6月、徳間文庫) - 「うさぎがぴょん!」 - 『SF Japan 2007 spring』(2007年、徳間書店) 外部リンク 『BH85』著者インタビュー 『さよなら』著者インタビュー 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

森 青花の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

BH85


吾妻 ひでお イラスト /
新潮社

さよなら



角川書店


森 青花の著書を検索する

森 青花の関連ニュース


森 青花のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森 青花と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森 青花」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.