森 毅

(モリ・ツヨシ)
森 毅(もり つよし、1928年1月10日 - 2010年7月24日)は、日本の数学者、評論家、エッセイスト。京都大学名誉教授。専攻は、関数空間の解析の位相的研究。 来歴・人物 東京府荏原郡入新井町(現東京都大田区)生まれ、大阪府豊中市育ち。亡くなるまで京都府八幡市に在住した。小学生の頃から塾へ通うなどしていたが、『戦時中、ぼくはというと、自他共に許す非国民少年で、迫害のかぎりを受けた不良優等生、要領と度胸だけは抜群の受験名人、それに極端に運がよくって、すべての入試をチョロマカシでくぐりぬけた』という(本人著『数学受験術指南』より)。 旧制北野中学校(現・北野高校)在学中から数学が得意であった。その後、旧制第三高等学校(現・京都大学教養部)へ進学。受験した理由は戦時下にあって最もリベラルが残っている、と評判であったからだそうだ。在学中の二年生の時に終戦を迎え、東京帝国大学理学部数学科へ。この頃は、東大では医学部よりも理学部物理学科の方が難関であったらしく、『数学科なんて入りやすいほうだった』(同著)という。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

森 毅の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

現代の古典解析 ──微積分基礎課程 Math&Science (ちくま学芸文庫)



筑摩書房 2017-04-14
古典的な微積分の基礎課程を、見晴らしのきく小高い現代的な立場から眺め渡した、読みきり22講義。「不等号と論理」「極限と連続」「実数の基本性質」に始まり、「指数関数と三角関数」「収束の一様性」「曲線と曲

位相のこころ Math&Science (ちくま学芸文庫)



筑摩書房 2017-04-14
位相は“近い”という日常感覚を数学的に厳密にとらえ直したもの、といってよく、現代数学において最も基本的で重要な概念の1つである。歴史的には、18世紀から19世紀末にかけて解析学が進展していくなかで、極

ベクトル解析 Math&Science (ちくま学芸文庫)



筑摩書房 2017-04-14
ベクトル解析は、電磁気学・流体力学などを学ぶ学生に必須の課程で、しばしば工学・物理系の応用数学とみなされがちである。しかし見方をかえて、基礎的な「1次元の線形代数学」から多次元への発展、「1変数の微積

ベクトル解析 (gay math 3)



日本評論社


森 毅の著書を検索する

森 毅の関連ニュース


森 毅のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森 毅と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森 毅」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.