森見 登美彦

(モリミ・トミヒコ)
森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。 奈良県生駒市出身。ペンネームは本名の姓「森見」に、この地にゆかりの深い登美長髄彦を合わせたもの。奈良女子大学文学部附属中学校・高等学校(現:奈良女子大学附属中等教育学校)卒業。京都大学農学部生物機能科学科応用生命科学コースを卒業、同大学院農学研究科修士課程修了。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。 2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビューする。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、本屋大賞(2位)などを受賞し注目を集め、国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。現在は退職し、専業作家である。 2006年、会社の枠を超えた書店員有志による応援団「まなみ組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』、『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第20回 山本周五郎賞

森見 登美彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

夜は短し歩けよ乙女


KADOKAWA 出版社 /安國 愛菜 ナレーション /
KADOKAWA
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)



角川グループパブリッシング

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-09-01
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!

夜は短し歩けよ乙女 映画カバー版 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2017-03-10
≪アニメ映画公開記念!中村佑介氏のイラスト特別カバー版を電子書籍限定で配信!通常表紙版と内容が同じ商品です。ご注意ください。≫黒髪の乙女にひそかに想いを寄せる先輩は、京都のいた

夜は短し歩けよ乙女



角川書店

有頂天家族 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2010-08-05

有頂天家族



幻冬舎

四畳半神話大系 (角川文庫)



角川書店
学生時代、充実した生活を送りたくなって購入しました。 結局充実しなかったので、思い出とともに売却します

四畳半神話大系



太田出版


森見 登美彦の著書を検索する

森見 登美彦の関連ニュース


森見 登美彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森見 登美彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森見 登美彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.