森本 哲郎

(モリモト・テツロウ)
森本 哲郎(もりもと てつろう、1925年10月13日 - 2014年1月5日)は、日本の評論家。 東京都出身。日本の文明批評の第一人者として知られた。東京新聞記者、朝日新聞記者、フリーの批評家、情報番組のキャスター、大学教授、再びフリーと転身している。朝日新聞記者時代には、1972年のグアム島で横井庄一が発見された際に現地取材を担当した。 フリーアナウンサー・森本毅郎は弟。自身が「海外取材ニッポンの実力」のキャスターになったとき、毅郎は『NHKニュースワイド』のキャスターだったため、「テレビ界初の兄弟キャスター」と話題になった。また、毅郎がNHKを退局してフリーになった際「組織に収まりきれないのが森本家の血筋」とコメントした。 2014年1月5日、虚血性心不全にて死去。88歳没。 府立十中、府立高等学校 (旧制) を経て、 1948年:東京大学文学部哲学科を卒業し大学院に進学。 1949年:大学院在学のまま東京新聞に入社して社会部記者となる。 1950年:東京大学大学院文学研究科社会学専攻修士課程を修了。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

森本 哲郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

これからの強化学習


牧野 貴樹 編集 /澁谷 長史 編集 /白川 真一 編集 /
森北出版

日本語 表と裏



新潮社

ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書

¥2268 (⇒¥2041

PHP研究所 2016-07-15

ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書 (PHP文庫)



PHP研究所 2015-01-23
二千年前、広大な版図を擁した軍事大国ローマと小さな通商国家カルタゴ。その勤勉さと商才で未曾有の経済的繁栄を遂げたカルタゴは、なぜローマによって壊滅させられたのか?その答えを求め、著者は地中海へと旅立っ

ことばへの旅(上) (PHP文庫)



PHP研究所 2015-03-13
人間が長い歴史を経て築き上げてきた、果てしなき“ことばの森”。そのなかを放浪し、すばらしい“ことばの木”に出会い、その木のなかにイデア(本質的な特徴)を発見したときの感動!著者のそうした感動から生まれ

森本 哲郎の著書を検索する

森本 哲郎の関連ニュース


森本 哲郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森本 哲郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森本 哲郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.