森村 桂

(モリムラ・カツラ)
森村 桂(もりむら かつら、1940年1月3日 - 2004年9月27日、本姓:三宅)は、日本の作家。父は作家の豊田三郎、母は歌人の森村浅香。 来歴・人物 公立小学校入学後、学習院初等科に編入し、学習院女子中等科・学習院女子高等科を卒業後、学習院大学文学部国文学科に入学した。大学在学中、19歳の時に父・三郎が病気のため急死。以後一時家計が苦しくなり、また母親との困難な関係を抱え、苦悩のうちに大学生活を送る。 大学卒業後、女性週刊誌(誌名未詳)記者となるが、ゴシップを追うばかりの取材が嫌になり、2か月で退社して暮しの手帖社に入社。ここも短期間で退社し、1964年にニューカレドニアに一人旅に出る。1965年、当時の女子大生言葉を駆使したエッセイ『違っているかしら』でデビューする。次いでニューカレドニア旅行の体験を描いた旅行記『天国にいちばん近い島』を発表した。この本は発売と同時に絶賛され、最終的には200万部を超える大ベストセラーとなった。同書はNHK朝の連続テレビ小説『あしたこそ』の原作にもなっている。その後続々とエッセイや小説を書き、1960年代末には、書店では川端康成と共に、個別のコーナーが設けられていたと言われる人気作家となり、1970年代には講談社から「森村桂文庫」約30巻が刊行された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

森村 桂の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

桂のケーキ屋さん―自慢の手作り焼菓子36種



海竜社
「天国にいちばん近い島」の著者 森村桂さんが軽井沢のティールーム「アリスの丘」で焼いていたケーキを一冊にまとめた本です。 「王さまのパンとパンプキン大王」 「麗しのダイアナ」 「苦みばしった男のガトー

12時の鐘が鳴るまで―それでも朝はくる、その後 (中公文庫)



中央公論社
エッセイ集「それでも朝はくる」のその後、もっと長生きして欲しかった。

森村 桂の著書を検索する

森村 桂の関連ニュース


森村 桂のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森村 桂と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森村 桂」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.