森村 誠一

(モリムラ・セイイチ)
森村 誠一(もりむら せいいち、1933年1月2日 - )は、日本の小説家・作家。推理小説、時代小説、ノンフィクションなどを手がける。山岳を舞台とした作品やホテルを舞台にしたミステリを多く発表している。 経歴・人物 埼玉県熊谷市出身。12歳にして、日本で最後の空襲となった熊谷空襲を体験。のちの「反戦平和」の原体験となる。埼玉県立熊谷商業高等学校卒業後、伯父の紹介で都内の自動車部品会社に勤めるが、商品を輸送中に神田駿河台の坂を車が登れず困っていたところを明治大学生に助けられ、大学生になるのもよいと考え、青山学院大学文学部英米文学科に進学。在学中はハイキング部に所属し、山歩きに熱中した。1年留年したが、1958年に25歳で卒業。しかし大学卒業時は就職不況時代であったため、希望したマスコミ業界には就職できなかった。英語が得意だったことと、妻が新大阪ホテル(現リーガロイヤルホテル)の重役の姪だったこともあり、同ホテルに就職。1年後に東京の系列ホテルに転勤するが、妻のコネという庇護から逃れるため、その頃オープンしたホテルニューオータニに自力で飛び込み、転職した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

森村 誠一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

人間の証明 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2015-02-25
ホテルの最上階に向かうエレベーターの中で、ナイフで刺された黒人が死亡した。棟居刑事は被害者がタクシーに忘れた詩集を足がかりに、事件の全貌を追う。日米共同の捜査で浮かび上がる意外な容疑者とは!?

人間の証明 (角川文庫)



KADOKAWA/角川書店 2015-02-25

戦友たちの祭典



中央公論新社

新版 悪魔の飽食 日本細菌戦部隊の恐怖の実像!<悪魔の飽食> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-10-01
日本陸軍が生んだ“悪魔の部隊”とは何か? 世界で最大規模の細菌戦部隊(通称石井部隊)は、日本全国の優秀な医師や科学者を集め、ロシア人・中国人など三千人余の捕虜を対象に、非人道的な数々の実験を行った。歴

棟居刑事のガラスの密室 (中公文庫 も)



中央公論新社 2017-04-21

誉生の証明 (双葉文庫)



双葉社 2017-04-13

コールガール(下) (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2011-10-12
暴漢を殴り殺してしまった山原は、それをネタに、妻・都美子と不倫関係にある柿田に恐喝される。一方で、国防庁の機密漏洩事件が日本の安全保障を脅かす問題へと発展していた。事件の背後に見え隠れする、巨大商社の

森村 誠一の著書を検索する

森村 誠一の関連ニュース


森村 誠一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森村 誠一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森村 誠一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.