森岡 浩之

(モリカ・ヒロユキ)
森岡 浩之(もりおか ひろゆき、1962年3月2日 - )は日本の小説家。主にSFを著す。兵庫県生まれ。六甲中学校・高等学校を経て京都府立大学文学部卒。 サラリーマン生活を経て1992年『夢の樹が接げたなら』でデビュー。1996年に『星界の紋章』を発表。同作で1997年に星雲賞を受賞。続編および外伝に『星界の戦旗』『星界の断章』がある。また、映画『立喰師列伝』に出演している。 2011年に心筋梗塞で倒れて療養生活を送っていたが、2013年に『星界の戦旗』第5巻を発表して活動を再開した。2014年から、日本SF作家クラブ事務局長。 作風 初期の作品はいわゆるハードSFが多く、最近は『星界』シリーズに代表されるハードSFにライトノベル的な要素を盛り込んだ作品も多い。特筆すべきは言語に対する強いこだわりである。 大学時代は国語学を専攻していて、卒業論文は「つつあるの文法・日本語アスペクトの幾何学的解釈の序論」である。 プロデビュー作となった『夢の樹が接げたなら』では名詞しか存在しない人工言語を、『ズーク』では普通名詞が1つしかない言語を扱い、『星界』シリーズで体系的な人工言語アーヴ語を作り上げた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

森岡 浩之の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

星界の戦旗Ⅴ ―宿命の調べ―



早川書房 2014-10-30
〈アーヴによる人類帝国〉が〈ハニア連邦〉を併合するはずの雪晶作戦が発動したが、逆に〈ハニア連邦〉は帝都への進撃を開始していた。作戦に加わった、ラフィールの弟ドゥヒールが乗り組む戦列艦も予定外の交戦状態

星界の戦旗V: 宿命の調べ (ハヤカワ文庫JA)


赤井 孝美 イラスト /
早川書房

星界の戦旗Ⅳ ―軋む時空―



早川書房 2014-10-30
〈アーヴによる人類帝国〉と〈三ヵ国連合〉との戦争は七年目に突入した。戦況は帝国に有利に展開していたが、さらなる攻撃のために、新たな作戦『双棘』が発起され、ラフィールとジントは、襲撃艦〈フリーコヴ〉で、

星界の戦旗Ⅰ ―絆のかたち―



早川書房 2014-10-30
アーヴ星間帝国では、三年前に〈人類統合体〉に制圧された星々を奪いかえすため、今まさに大規模な作戦行動が始まろうとしていた。戦争を前に、編成される大艦隊。その中に一隻の小さな突撃艦があった。艦の名は〈バ

星界の戦旗〈4〉軋む時空 (ハヤカワ文庫JA)



早川書房
星界の戦旗〈4〉軋む時空 (ハヤカワ文庫JA) [文庫] [Dec 01, 2004] 森岡 浩之

星界の戦旗Ⅲ ―家族の食卓―



早川書房 2014-10-30
ジントとラフィールを乗せた軽武装貨客船〈ボークビルシュ〉は、一路ハイド星系めざし平面宇宙を航行していた。敵艦隊の撤退により帝国領に復帰したハイド星系を、ジントが伯爵として正式に統治するためだ。一方、襲

星界の戦旗Ⅱ ―守るべきもの―



早川書房 2014-10-30
帝国暦九五五年、〈アーヴによる人類帝国〉は、残存する〈人類統合体〉の艦隊を制圧すべく新たに艦隊を再編し、狩人作戦を開始した。いっぽう、狩人第四艦隊に所属する〈バースロイル〉艦長ラフィールは、またも領主

星界の戦旗〈2〉守るべきもの (ハヤカワ文庫)



早川書房
星界の戦旗〈2〉守るべきもの (ハヤカワ文庫) [文庫] [Aug 01, 1998] 森岡 浩之

星界の戦旗 2―守るべきもの (電撃コミックス)


宮越 和草 イラスト /
メディアワークス


森岡 浩之の著書を検索する

森岡 浩之の関連ニュース


森岡 浩之のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森岡 浩之と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森岡 浩之」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.