森巣 博

(モリス・ヒロシ)
森巣 博(もりす ひろし、1948年 - )は、日本の作家、ギャンブラー。本名、鈴木博。 自らの約25年間に及ぶカジノでのギャンブル体験とそこでの人間観察をもとに書かれた小説やエッセイを書く事で知られる。 石川県金沢市生まれ。1966年都立豊多摩高校卒業後、漫画雑誌編集者や記者を経て、ヒッピーに憧れを抱き1971年競輪でつくった資金をもとに渡米、1973年帰国。イギリス人の妻と結婚して1975年英国移住。主夫として子育てをしつつカジノで生活費を稼ぐ。博士号取得後にオーストラリアの大学に赴任した妻とともに移住。現在はオーストラリアを本拠地に執筆活動を行っている。 ギャンブルの中では牌九(パイガオ)と呼ばれる種目を中心に据えている。他にバカラでも上級者である。1994年度全豪牌九選手権者。 妻はオーストラリア国立大学教授のテッサ・モリス=スズキ。ただし、森巣自身が公式の場で認めたことはない。 著書 単著 『博奕の人間学』(飛鳥新社、1997年・小学館文庫(『ろくでなしのバラッド―人間は賭けをする動物である』と改題)、2000年) 『無境界の人』(小学館、1998年・集英社文庫版、2002年) 『無境界家族(ファミリー)』(集英社、2000年・集英社文庫版、2002年) 『神はダイスを遊ばない』(飛鳥新社、2000年・新潮文庫版、2003年) 『ジゴクラク』(光文社、2002年・光文社文庫版、2005年) 『越境者たち ―カシノ そこで、人は夢見る。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

森巣 博の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

賭けるゆえに我あり (森巣博 ギャンブル叢書2) (SPA!BOOKS)



扶桑社 2015-07-24
カジノ語りの第一人者が、正しいカジノとの付き合い方を説く!カジノに必勝法はないが、必敗法はある!「カジノ法案」の成立を間近に控え、世界のカジノで40年間闘ってきたギャンブラー兼作家の森巣博が、実践的“

賭けるゆえに我あり



徳間書店

カジノ解体新書 (森巣博 ギャンブル叢書①) (SPA!BOOKS)



扶桑社 2015-07-03
4兆円産業勃興前夜のニッポン―異界「カジノ」に蠢く魑魅魍魎の正体とは!?カジノ語りぶっちぎりの第一人者が、有名紙誌に発表した単行本未収録作品を網羅。ファン垂涎のギャンブル叢書第1弾。

ばくち打ち 第二巻 賭博依存の男 (SPA!BOOKS)



扶桑社 2012-09-01
舞台は韓国・ソウルとマカオ。芸能事務所に勤める有坂啓示の役目は、所属する少女を連れて政治家や官僚をカジノ接待旅行にアテンドすること。カジノホテルで贅沢三昧、少女たちとはやり放題。腐った国家中枢に内心で

ばくち打ち 第一巻 勝てば幸運、負ければ実力 (SPA!BOOKS)



扶桑社 2012-09-01
新宿歌舞伎町のアングラ・カジノで生きる、しがない博奕(ばくち)打ち・竜太。行きつけのカジノ・クラブ『モナコ』では、子連れの博奕打ち・俊介や、バカラ依存の男・額田ら、さまざまな人間が「合意の略奪闘争」を

ナショナリズムの克服 (集英社新書)


姜 尚中 原著 /
集英社

ナショナリズムの克服 (集英社新書)



集英社 2015-09-18
在日の立場から、長年、「日本」について鋭い批判と分析をつづけてきた姜尚中と、オーストラリア在住の国際的博奕打ちで作家の森巣博という、異色の対談が実現しました。テーマは1990年代以降、日本に吹き荒れて

森巣 博の著書を検索する

森巣 博の関連ニュース


森巣 博のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森巣 博と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森巣 博」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.