森内 俊雄

(モリウチ・トシオ)
森内 俊雄(もりうち としお、1936年12月12日 - )は、日本の小説家、詩人、編集者である。本名同じ。 来歴・人物 大阪府出身。大阪明星高等学校を経て、早稲田大学文学部露文科卒業。宮原昭夫、李恢成は大学の同級生。主婦と生活社、冬樹社で編集者となるが、1972年に退職。 在職中1969年「幼きものは驢馬に乗って」で文學界新人賞を受賞、芥川賞候補となる。以後、70年「<傷>」、71年「骨川に行く」、72年「春の往復」、73年「眉山」と、計五回芥川賞候補となる。のち精神を病んだ経験を描いた『氷河が来るまでに』を1990年に上梓、高い評価を受ける。 受賞歴 1969年 - 『幼き者は驢馬に乗って』で第29回文學界新人賞。 1973年 - 『翔ぶ影』で第1回泉鏡花文学賞。 1991年 - 『氷河が来るまでに』で第42回読売文学賞及び芸術選奨文部科学大臣賞。 2004年 - 「空にはメトロノーム」で第4回山本健吉文学賞(詩部門) 著作 【単行本】 『街・月光変奏曲』(1954 私家版) 『骨川に行く』(1971 新潮社)のち集英社文庫  『幼き者は驢馬に乗って』(1971 文藝春秋)のち角川文庫  『翔ぶ影』(1972 角川書店)のち文庫  『ノアの忘れもの』(1973 文藝春秋) 『マラナ・タ終篇』(1974 文藝春秋) 『此処すぎて』(1974 文藝春秋) 『石よみがえる日』(1975 講談社) 『羊水花』(1976 集英社) 『灰色の鳥』(1979 潮出版社) 『掌の地図』(1980 潮出版社) 『春の埋葬』(1980 書肆山田) 『微笑の町』(1980 集英社) 『朝までに』(1984 福武書店) 『骨の火』(1986 文藝春秋) 『黄経八十度』(1986 福武書店) 『風船ガムの少女』(1988 福武書店) 『氷河が来るまでに』(1990 河出書房新社) 『天の声』(1990 福武書店) 『桜桃』(1994 新潮社) 『谷川の水を求めて』(1994 河出書房新社) 『午後の坂道』(1995 講談社) 『晒し井』(1997 講談社) 『短篇歳時記』(1999 講談社) 『福音書を読む―イエスの生涯』(2001 日本基督教団出版局)のち聖母文庫  『真名仮名の記』(2001 講談社) 『十一月の少女』(2003 新潮社) 『空にはメトロノーム』(2003 書肆山田) 『梨の花咲く町で』(2011 新潮社)【文庫】 翔ぶ影 (1978 角川文庫) 使者 (1978, 角川文庫) 幼き者は驢馬に乗って (1980 角川文庫) 夢のはじまり (1987, 福武文庫) 骨の火 (2004, 講談社文芸文庫)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第29回 文學界新人賞 / 第42回 読売文学賞小説賞 / 第1回 泉鏡花文学賞

森内 俊雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

十一月の少女



新潮社

午後の坂道



講談社

骨の火



文藝春秋

短篇歳時記



講談社

氷河が来るまでに



河出書房新社


森内 俊雄の著書を検索する

森内 俊雄の関連ニュース


森内 俊雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、森内 俊雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「森内 俊雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.