諸橋 轍次

(モロハシ・テツジ)
諸橋 轍次(もろはし てつじ、1883年6月4日 - 1982年12月8日)は、漢字の研究者で大著『大漢和辞典』や『広漢和辞典』(ともに大修館書店刊)の編者。文学博士。東京文理科大学名誉教授。都留短期大学および都留文科大学の(四年制大学としての)初代学長。本人によると直江兼続の子孫である。号は止軒。 同郷の社会学者建部遯吾は従兄にあたる。(諸橋轍次の父安平の兄慶三郎の子が建部遯吾) 三男の諸橋晋六は静嘉堂文庫理事長のほか三菱商事社長・会長も務めた。 新潟県南蒲原郡庭月村(後に四ツ沢村→森町村→下田村、現在の三条市庭月)に生まれた。東京高等師範学校を卒業後、漢学の教員として同校に勤める。青年時代、中国にも留学。このとき満足できる辞書がなかったことが、のちの大漢和の製作に繋がっていったと言われている。 1925年、大修館の鈴木一平が諸橋のもとを訪れ、巨大な漢和辞典の構想を持ちかけられる。本格的な製作の開始は1929年からだった。 1929年1月に文学博士 論文の題は「儒学の目的と宋儒(慶暦至慶元百六十年間)の活動」。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

諸橋 轍次の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

中国古典名言事典



講談社

広漢和辞典 全4巻セット



大修館書店

大漢和辞典 15巻 補巻


鎌田 正 編集 /米山 寅太郎 編集 /
大修館書店

新漢和辞典 新装大型版



大修館書店

誠は天の道―東洋道徳講話



麗沢大学出版会

老子の講義



大修館書店


諸橋 轍次の著書を検索する

諸橋 轍次の関連ニュース


諸橋 轍次のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、諸橋 轍次と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「諸橋 轍次」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.