本村 凌二

(モトムラ・リョウジ)
本村 凌二(もとむら りょうじ、1947年5月1日 - )は、日本の歴史学者。専門は古代ローマの社会史。東京大学名誉教授、早稲田大学特任教授。 熊本県生まれ。東京都立北多摩高等学校を経て、1973年一橋大学社会学部卒、80年東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。 1984年から東京大学教養学部助教授、1994年同教授に昇格。1996年から東京大学大学院総合文化研究科教授。2012年東京大学を定年退職し、東京大学名誉教授の称号を受ける。専任職から離れ、文筆活動に専念する。 雑誌『KODAI』の編集長として、日本の古代西洋史研究を海外へ紹介する。日本西洋古典学会委員、地中海学会常任委員。本村雅人の筆名での競馬に関する著書もある。 熊本県八代市生まれ 東京都立北多摩高等学校卒業 1973年 - 一橋大学社会学部卒業 1980年 - 東京大学大学院人文科学研究科西洋史学専門課程博士課程退学 1981年 - 法政大学第一教養部専任講師 1984年 - 東京大学教養学部助教授 1994年 - 東京大学教養学部教授、「ローマ世界における嬰児遺棄と奴隷制」で東京大学博士(文学) 1996年 - 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻教授(地中海・イスラム地域文化大講座地中海文化干渉論専攻) 2004年 - 放送大学教養学部客員教授  2012年 - 東京大学を定年退職、東京大学名誉教授  2014年 - 早稲田大学国際学術院特任教授 受賞 サントリー学芸賞(『薄闇のローマ世界』)、1994年 JRA賞馬事文化賞(『馬の世界史』)、2001年 地中海学会賞 『KODAI』編集の業績に対して、2008年 著書 単著 『薄闇のローマ世界――嬰児遺棄と奴隷制』 (東京大学出版会、1993年) 『ポンペイ・グラフィティ――落書きに刻むローマ人の素顔』 (中公新書、1996年) 『ローマ人の愛と性』 (講談社現代新書、1999年) 改題 『愛欲のローマ史――変貌する社会の底流』 (講談社学術文庫、2014年) 『馬の世界史』 (講談社現代新書、2001年/中公文庫、2013年) 『優雅でみだらなポンペイ――古代ローマ人とグラフィティの世界』 (講談社、2004年) 改題 『古代ポンペイの日常生活』 (講談社学術文庫、2010年) 『多神教と一神教』 (岩波新書、2005年) 『興亡の世界史 4 地中海世界とローマ帝国』 (講談社、2007年) 『帝国を魅せる剣闘士――血と汗のローマ社会史』 (山川出版社、2011年) 『古代ローマとの対話 「歴史感」のすすめ』 (岩波現代文庫、2012年) 『ローマ人に学ぶ』(集英社新書、2012年)  『世界史の叡智 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ』(中公新書、2013年) 『世界史の叡智 悪役・名脇役篇 辣腕、無私、洞察力の51人に学ぶ』(中公新書、2014年) 『はじめて読む人のローマ史 1200年』(祥伝社新書、2014年) 共著 (桜井万里子)『世界の歴史 5 ギリシアとローマ』 (中央公論社、1997年/中公文庫、2010年) (中村るい)『古代地中海世界の歴史』(放送大学教育振興会:NHK出版、2004年/ちくま学芸文庫、2012年) (渡部昇一)『国家の盛衰―3000年の歴史に学ぶ』(祥伝社新書、2014年) 共編著 (伊藤貞夫)『西洋古代史研究入門』(東京大学出版会、1997年) (義江彰夫・山内昌之)『歴史の文法』(東京大学出版会、1997年) 編著 『ラテン語碑文で楽しむ古代ローマ』 池口守・大清水裕・志内一興・高橋亮介・中川亜希共著(研究社、2011年) 編著 『ローマ帝国と地中海文明を歩く』 井上秀太郎・中西麻澄・池口守・樋脇博敏・渡辺耕共著(講談社、2013年) 訳書 キース・ホプキンズ『神々にあふれる世界――古代ローマ宗教史探訪』小堀馨子、中西恭子共訳(岩波書店、2003年) 参考 『駒場2001』東大教養学部 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

本村 凌二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

英語で読む高校世界史 Japanese high school textbook of the WORLD HISTORY


シュア 編集 /本村凌二 その他 /
講談社 2017-04-21
高校教科書『世界史B』(東京書籍・2012年版)の英訳版。グローバル時代の教養として「世界史」の重要性が高まっているが、日本語で学んだ世界史知識は世界では通用しない。世界史の大きな流れと基礎知識を英語

英語で読む高校世界史 Japanese high school textbook of the WORLD HISTORY


本村 凌二 監修 /シュア 編集 /
講談社

教養としての「世界史」の読み方



PHP研究所 2017-04-07
「混迷の現代」を読み解くカギは「歴史」の中にある。古代ローマ史研究の第一人者によるはじめての世界史講義。教養としての「世界史」の読み方とは、「歴史に学ぶ」ということ、「過去と現在との関わり合いを知る」

はじめて読む人のローマ史1200年 (祥伝社新書)



祥伝社 2016-06-08
ローマはこれだけのことを教えてくれる!「ローマの歴史のなかには、人類の経験すべてが詰まっている」(丸山眞男)──数ある文明のなかで、起承転結をこれほど完璧に見せた歴史はない。本書は、その1200年間を

馬の世界史 (中公文庫)



中央公論新社 2013-12-27
馬は、人間社会のなかで、多種多様な役割を担わされてきた。太古には狩猟の対象になり、やがて車を引き、人を乗せ、人間の世界に深く入りこんだ。人が馬を乗りこなさなかったら、歴史はもっと緩やかに流れていただろ

馬の世界史 (中公文庫)



中央公論新社 2013-11-22


本村 凌二の著書を検索する

本村 凌二の関連ニュース


本村 凌二のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、本村 凌二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「本村 凌二」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.