椋 鳩十

(ムク・ハトジュウ)
椋 鳩十(むく はとじゅう、1905年1月22日 - 1987年12月27日)は、日本の小説家、児童文学作家。本名は久保田彦穂(くぼた ひこほ)。 生涯 1905年1月長野県下伊那郡喬木村阿島北出身。旧制飯田中学(現・長野県飯田高等学校)、法政大学法文学部(のちの文学部)国文科卒業。大学在学中、佐藤惣之助の『詩の家』同人となり、1926年に詩集『駿馬』を発表する。卒業後、鹿児島県熊毛郡中種子高等小学校に代用教員として赴任するも、夏にふんどし1つで授業をしたため3ヶ月で解雇となる。 その後に姉・清志の紹介により、同県加治木町立実科高等女学校の国語教師に着任する。仕事の傍ら、宿直室を使い作家活動を続け、 1933年に最初の小説『山窩調』を自費出版する。この時初めて椋鳩十のペンネームを使った。 『山窩調』も発禁処分となったが、同年、『少年倶楽部』の編集長であった須藤憲三より執筆依頼の手紙が届く。椋は数年放っていたが、須藤の送った「怠け賃」に感激し、児童文学を書き始めた。そして1938年の『少年倶楽部』10月号に、初の動物物語である『山の太郎熊』を掲載する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

椋 鳩十の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

マヤの一生 (てのり文庫 477C5)


吉井 忠 イラスト /
大日本図書

マヤの一生 (椋鳩十名作選)


小泉 澄夫 イラスト /
理論社

マヤの一生 (子ども図書館)


吉井 忠 イラスト /
大日本図書
●赤い鳥文学賞 ●児童福祉文化奨励賞 ニワトリやネコと一緒に飼っていた愛犬マヤの思い出を語りながら、残酷な死に追いやった戦争への悲しみを感じさせる作品。

マヤの一生 (てのり文庫 (477C005))


吉井 忠 イラスト /
大日本図書

大造じいさんとガン (偕成社文庫3062)


武部 本一郎 イラスト /
偕成社

大造じいさんとガン (子ども図書館)


杉全 直 イラスト /
大日本図書


椋 鳩十の著書を検索する

椋 鳩十の関連ニュース


椋 鳩十のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、椋 鳩十と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「椋 鳩十」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.