村上 春樹

(ムラカミ・ハルキ)
村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』などがある。 日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。 デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティー、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第4回 野間文芸新人賞 / 第47回 読売文学賞小説賞 / 第21回 谷崎潤一郎賞

村上 春樹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―



新潮社 2017-04-27
『騎士団長殺し』誕生秘話、少年期の記憶、フェミニズム、世界的名声、そして死後のこと……。芥川賞作家にして、10代からの熱心な愛読者が、村上春樹のすべてを訊き尽くす。誰もが知りたくて訊けなかった創作の源

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編



新潮社 2017-02-24
新品同様の美品です。汚れ等は見受けられません。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)



文藝春秋 2015-12-04
多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。何の理由も告げられずに――

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)



文藝春秋 2015-12-04
村上春樹の本の中でも、村上作品特有の無機質さを持つ主人公が、まだ初期の作風を再び感じさせるものとなっている作品。

風の歌を聴け (講談社文庫)



講談社 2016-07-01
「あらゆるものは通り過ぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんな風に生きている」1970年8月、帰省した海辺の街。大学生の〈僕〉は、行きつけのバーで地元の友人〈鼠〉と語り明かし、女の子と知

村上 春樹の著書を検索する

村上 春樹の関連ニュース


村上 春樹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、村上 春樹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「村上 春樹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.