村松 友視

(ムラマツ・トモミ)
村松 友視(むらまつ ともみ、1940年4月10日 - )は、日本の、元編集者、作家、エッセイスト(本来の表記は村松友視。「視」の字は「示」の右に「見」)。 来歴・人物 東京府で生まれ、4歳から静岡県富士宮市、周智郡森町で、終戦後は清水市(現・静岡市清水区)で育つ。祖父は作家の村松梢風。父村松友吾は中央公論社の編集者。母も中央公論社に勤務。父方のおじに教育評論家の村松喬、脚本家の村松道平、中国文学者の村松暎(慶應義塾大学文学部教授)がいる。 父の死後、祖父梢風の子として入籍される。だが、梢風は鎌倉で愛人と暮らしており、村松は清水で祖母一人に育てられる。少年時代から熱狂的なプロレスファンとして育つ。静岡県立静岡高等学校を経て慶應義塾大学文学部哲学科を卒業。 大学時代はテレビ局でアルバイトをしていたため、そのままテレビ局に入社する予定でいたが、入社試験に失敗。その後、何社ものマスコミを受験するが合格せず、祖父、父の縁がある中央公論社の社長嶋中鵬二に依頼して、既に締め切っていた中央公論社の試験を受けて、入社。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第87回 直木賞 / 第25回 泉鏡花文学賞

村松 友視の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

俵屋の不思議



世界文化社

帝国ホテルの不思議 (文春文庫)



文藝春秋 2013-12-04

帝国ホテルの不思議



日本経済新聞出版社

帝国ホテルの不思議



文藝春秋 2014-02-14
東京五輪で再注目。日本が誇るホテルの“職人”たちに迫る!接客の職人芸が花開くバーやレストラン、1000人ものゲストの顔を記憶しているドアマン、数々の発明品を生み出す施設担当者――。30人の

アンソロジー カレーライス!!


佐内正史 写真 /
パルコ

金沢の不思議



中央公論新社


村松 友視の著書を検索する

村松 友視の関連ニュース


村松 友視のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、村松 友視と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「村松 友視」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.