村田 喜代子

(ムラタ・キヨコ)
村田 喜代子(むらた きよこ、1945年4月12日 - )は、日本の小説家。梅光学院大学文学部客員教授。福岡県中間市在住。
福岡県八幡市 (福岡県) 八幡市(現在の北九州市八幡西区)出身。八幡市立花尾中学校卒業。やや怪奇味を帯びた作風だが、『龍秘御天歌』ではリアリズムに転じた。「鍋の中」を黒澤明が『八月の狂詩曲』として映画化した際には不満で、「ラストで許そう黒澤明」を『文藝春秋』に寄稿した。
『百年佳約』(下記参照)の挿絵を担当したスペイン在住の画家堀越千秋とは親友。
現在、泉鏡花文学賞、川端康成文学賞、紫式部文学賞選考委員。
水中の声(1975/昭和50年)
1977年 第7回九州芸術祭文学賞最優秀作に選定。これを境に本格的な執筆活動に入る。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第97回 芥川賞 / 第63回 野間文芸賞 / 第65回 読売文学賞小説賞

村田 喜代子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

暗黒グリム童話集



講談社

鍋の中 (文春文庫)



文藝春秋

鍋の中



文藝春秋

百年佳約



講談社

屋根屋



講談社

屋根屋



講談社 2014-05-23
雨漏りのする屋根の修繕にやってきた工務店の男は永瀬といった。木訥な大男で、仕事ぶりは堅実。彼は妻の死から神経を病み、その治療として夢日記を付けている。永瀬屋根屋によれば、トレーニングによって、誰でも自

きのこ文学名作選


飯沢耕太郎 編集 /
港の人

光線 (文春文庫)



文藝春秋 2015-02-06
東日本の大地が鳴動した数日後、ガンの疑いが現われる。日本列島の南端の町で、放射線治療を受ける1ヶ月余のあいだ、震災と原発をめぐる騒動をテレビで繰り返し見つめつづけた。治療を終え、ガンが消えた身体になっ

村田 喜代子の著書を検索する

村田 喜代子の関連ニュース


村田 喜代子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、村田 喜代子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「村田 喜代子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.