村山 早紀

(ムラヤマ・サキ)
村山 早紀(むらやま さき、1963年1月17日 - )は、日本の児童文学作家。長崎県生まれ。 略歴・人物 活水女子大学文学部日本文学科卒業。1993年、『ちいさいえりちゃん』で毎日童話新人賞最優秀賞および第4回椋鳩十児童文学賞を受賞。 主な作品として『シェーラひめのぼうけん』『新シェーラひめのぼうけん』シリーズ、『風の丘のルルー』シリーズ、『はるかな空の東』など。 近年は風早の街を舞台にした『コンビニたそがれ堂』シリーズ、『カフェかもめ亭』シリーズ等が人気を博している。 弟は長崎放送の村山仁志アナウンサー。 作品リスト 幼年向け作品 ちいさいえりちゃん(1993年3月 あかね書房) なぞなぞあみちゃん(1995年4月 佼成出版社) いっしょなの(2004年8月 佼成出版社) 高学年向け作品 = 魔法少女マリリンシリーズ = 青い石の伝説(1995年8月 教育画劇) 時計塔の魔女(1996年6月 教育画劇) 地下迷宮の冒険(2000年6月 教育画劇) 妖精の森へ(2002年10月 教育画劇) = シェーラひめのぼうけんシリーズ = 魔神の指輪(1997年4月 童心社フォア文庫) うしなわれた秘宝(1997年9月 童心社フォア文庫) ダイヤモンドの都(1997年11月 童心社フォア文庫) 海賊船シンドバッド(1998年6月 童心社フォア文庫) 空とぶ城(1998年11月 童心社フォア文庫) 海の王冠(1999年9月 童心社フォア文庫) ガラスの子馬(2000年3月 童心社フォア文庫) 闇色の竜(2000年11月 童心社フォア文庫) 魔法の杖(2001年6月 童心社フォア文庫) 最後の戦い(2002年3月 童心社フォア文庫) = 新シェーラひめのぼうけんシリーズ = ふたりの王女(2003年3月 童心社フォア文庫) 旅だちの歌(2003年9月 童心社フォア文庫) ペガサスの騎士(2004年3月 童心社フォア文庫) 炎の少女(2004年9月 童心社フォア文庫) 妖精の庭(2005年3月 童心社フォア文庫) 風の恋うた(2005年9月 童心社フォア文庫) 天のオルゴール(2006年3月 童心社フォア文庫) 伝説への旅(2006年9月 童心社フォア文庫) 死をうたう少年(2007年3月 童心社フォア文庫) 天と地の物語(2007年9月 童心社フォア文庫) = アカネヒメ物語シリーズ = オルゴールのひみつ(2001年4月 岩崎書店) 夢みる木馬(2001年12月 岩崎書店) たそがれの約束(2002年6月 岩崎書店) 春色のミュージカル(2003年3月 岩崎書店) 永遠の子守歌(2005年3月 岩崎書店) = ノンシリーズ = 空の東 - クリスタライアの伝説(1997年1月 小峰書店) 虹の物語(2004年11月 佼成出版社) 砂漠の歌姫(2006年12月 偕成社) 三日月の魔法をあなたに(2010年1月 ポプラ社) 風早の街の物語シリーズ = 海馬亭シリーズ = やまんば娘、街へゆく 由布の海馬亭通信(1994年4月 理論社) 【改題】海馬亭通信(2012年1月 ポプラ文庫ピュアフル)※書き下ろし中篇収録 海馬亭通信 2(2012年3月 ポプラ文庫ピュアフル) = 風の丘のルルーシリーズ = 魔女の友だちになりませんか?(1999年1月 ポプラ社 / 2005年11月 ポプラポケット文庫) 魔女のルルーとオーロラの城(1999年5月 ポプラ社 / 2006年1月 ポプラポケット文庫) 魔女のルルーと時の魔法(1999年12月 ポプラ社 / 2006年4月 ポプラポケット文庫) 魔女のルルーと風の少女(2000年7月 ポプラ社 / 2006年8月 ポプラポケット文庫) 魔女のルルーと赤い星の杖(2001年1月 ポプラ社) 魔女のルルーと魔法使いの塔(2002年7月 ポプラ社) 魔女のルルーと楽園の島(2004年11月 ポプラ社) その本の物語 (上、下)(2014年7月 ポプラ文庫ピュアフル) = カフェかもめ亭シリーズ = ささやかな魔法の物語〜カフェかもめ亭〜(2001年12月 ポプラ社) 【改題】カフェかもめ亭(2011年1月 ポプラ文庫ピュアフル)※書き下ろし中篇収録 カフェかもめ亭 猫たちのいる時間(2014年3月 ポプラ文庫ピュアフル) = 天空のミラクルシリーズ = 天空のミラクル!タロットカードは死の歌をうたう(2005年4月 ポプラ社) 【改題】天空のミラクル(2016年1月 ポプラ文庫ピュアフル) 天空のミラクル!月は迷宮の鏡(2006年11月 ポプラ社) = コンビニたそがれ堂シリーズ = コンビニたそがれ堂〜街かどの魔法の時間(2006年9月 ポプラ社) 【改題】コンビニたそがれ堂(2008年5月 ジャイブピュアフル文庫) / 2010年1月 ポプラ文庫ピュアフル)※加筆修正 コンビニたそがれ堂〜奇跡の招待状(2009年7月 ジャイブピュアフル文庫 / 2010年1月 ポプラ文庫ピュアフル) コンビニたそがれ堂〜星に願いを(2010年5月 ポプラ文庫ピュアフル) コンビニたそがれ堂~空の童話(2013年1月 ポプラ文庫ピュアフル) コンビニたそがれ堂セレクション(2015年3月 ポプラ社) 収録作品:あんず/人魚姫/星に願いを/天使の絵本(書き下ろし)/花明かりの夜に/エピローグ 風早の伝説 コンビニたそがれ堂 神無月のころ (2015年9月 ポプラ文庫ピュアフル) = ふしぎ探偵レミシリーズ = ふしぎ探偵レミ~月光の少女ゆうかい事件(2008年1月 ポプラポケット文庫) ふしぎ探偵レミ~なぞの少年と宝石泥棒(2008年6月 ポプラポケット文庫) ふしぎ探偵レミ~なぞの少年とコスモスの恋(2008年10月 ポプラポケット文庫) = くるみの冒険シリーズ = くるみの冒険 1 魔法の城と黒い竜(2009年5月 童心社フォア文庫) ハードカバー版 (2016年3月 童心社) くるみの冒険 2 万華鏡の夢(2010年2月 童心社フォア文庫) ハードカバー版 (2016年3月 童心社) くるみの冒険 3 竜の王子 (2016年3月 童心社 ハードカバー) = 竜宮ホテルシリーズ = 竜宮ホテル 迷い猫(2011年10月 三笠書房f-clan文庫) 【改題】竜宮ホテル(2013年5月 徳間文庫)※加筆修正、書き下ろし短編収録 竜宮ホテル 魔法の夜(2013年12月 徳間文庫) 竜宮ホテル 水仙の夢(2016年2月 徳間文庫) = 花咲家シリーズ = 花咲家の人々(2012年12月 徳間文庫) 花咲家の休日(2014年9月 徳間文庫) 花咲家の旅(2015年8月 徳間文庫) = かなりや荘浪漫シリーズ = かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち(2015年3月 集英社オレンジ文庫) かなりや荘浪漫 星めざす翼(2015年11月 集英社オレンジ文庫) = その他 = 百年目の秘密(1994年4月 あかね書房) 人魚亭夢物語(1999年8月 小峰書店) 七日間のスノウ(1999年10月 佼成出版社) ルリユール(2013年10月 ポプラ社 / 2016年3月 ポプラ文庫ピュアフル) その他の作品 = 黄金旋律シリーズ = 黄金旋律 旅立ちの荒野(2008年12月 角川書店 / 2013年5月 PHP文芸文庫) = ノベライズ作品 = 春咲きコスモス物語(Jenny 93年春号(日本ヴォーグ社)掲載) - 着せ替え人形・ジェニーを主人公にした短編 アンソロジー作品 ファンタジーの宝石箱vol. 3 タイム・バード(2004年10月 ぜんにち出版)『あやしいつぼの話』 ファンタジーの宝石箱vol. 4 ハッピーコール(2004年10月 ぜんにち出版)『猫姫様』 猫とわたしの七日間(2013年11月 ポプラ文庫)『踊る黒猫村』 となりのもののけさん(2014年9月 ポプラ文庫ピュアフル)『赤い林檎と金の川』 設定協力 ジュエルペット てぃんくる☆の設定案協力(テレビアニメ、テレビ東京) 脚注 外部リンク 村山早紀の風の丘通信 - 作家本人による公式サイト 村山早紀 (@nekoko24) - Twitter。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

村山 早紀の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

桜風堂ものがたり



PHP研究所

桜風堂ものがたり



PHP研究所 2016-10-07
百貨店内の書店、銀河堂書店に勤める物静かな青年、月原一整は、人づきあいが苦手なものの、埋もれていた名作を見つけ出して光を当てるケースが多く、店長から「宝探しの月原」と呼ばれ、信頼されていた。しかしある

竜宮ホテル (徳間文庫)



徳間書店 2016-01-29
水守響呼は、妖怪や幽霊の姿を見ることが出来る不思議な力の持主だ。 その日、住み慣れたアパートは崩壊して失い、「竜宮ホテル」へと移り住むこととなる。執筆一筋で人と関わる事もなく、その目に見える世界をも否

竜宮ホテル (徳間文庫)



徳間書店 2013-05-02

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)


早川 司寿乃 イラスト /
ポプラ社

花咲家の怪 (徳間文庫 む 9-7)



徳間書店 2016-10-07

花咲家の怪 (徳間文庫)



徳間書店 2017-01-13
鍵盤に手を置くと指が自然とメロディーを奏でる。弾けないはずのピアノなのに、まるで魔法のように。そして桂は思い出す。会えないはずの少女に会った記憶を(「別れの曲」)。かすみ草を使って優しいお見舞いの花束

村山 早紀の著書を検索する

村山 早紀の関連ニュース


村山 早紀のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、村山 早紀と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「村山 早紀」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.