群 ようこ

(ムレ・ヨウコ)
群 ようこ(むれ ようこ、1954年12月5日 - )は、日本の作家、随筆家。独身。軽妙な語り口の文体で、主に女性からの支持を受けている。 本名:木原ひろみ。東京都立鷺宮高等学校、日本大学藝術学部文芸学科卒業。同学科の1年先輩に林真理子がいる。 1984年7月、本の雑誌社在社中に単行本『午前零時の玄米パン』(本の雑誌社刊) を発表し、本格的に作家デビュー。なお、ペンネームの「群」は、後述する目黒考二の使用していたペンネーム「群一郎」をのれん分けで譲り受けたものである。(「ようこ」は目黒氏の初恋の女性の名前) 同年12月に本の雑誌社を退職し、以後多くの随筆・小説・評伝・対談等を発表、現在に至る。 エピソード 大学卒業後、広告代理店に勤めるも半年で退職。その後転々と職を変えた後、椎名誠や目黒考二の本の雑誌社に事務職として入社。社員は群一人で、椎名や目黒はたまにしか事務所に顔を出さず、たまにかかってくる電話注文に応対するのが彼女の仕事であった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

群 ようこの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

まんがグリム童話 2017年6月号[雑誌]



ぶんか社 2017-04-28
<特集>大奥~淫らな花園~佐々木みすず「春日局~拝領妻~」飽きた女は家臣に下げ渡され性奴の日々!?宮島葉子「大奥 非業の恋~お琴の方~」大名の娘が身分を

老いと収納 (角川文庫)



KADOKAWA 2017-01-25

パンとスープとネコ日和



角川春樹事務所

ついに、来た?



幻冬舎 2017-02-09

働かないの―れんげ荘物語



角川春樹事務所
48歳になったキョウコは、まだ古いアパートのれんげ荘に住んでいた。相変わらず月々10万円しか使えない貯金生活者のままである。心配しても仕方がないことを悩みすぎずに、「お天道さまのいう通り」と、マイペー

かもめ食堂



幻冬舎


群 ようこの著書を検索する

群 ようこの関連ニュース


群 ようこのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、群 ようこと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「群 ようこ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.