務台 理作

(ムタイ・リサク)
務台 理作(むたい りさく、1890年8月8日 - 1974年7月5日)は、日本の哲学者。 台北帝国大学教授、東京文理科大学(後の東京教育大学)教授、同大学長。学長と桐朋学園理事長・校長を兼務、その後慶應義塾大学教授、東京教育大学名誉教授などを歴任した。 京都帝国大学在学中に西田幾多郎に師事し、留学中にはフッサールからも哲学を学んだ。西田門下ではあるが、京都学派とも西田左派とも一線を画し、独自のヒューマニズム哲学を展開する。 1921年(大正10年)、西田の『善の研究』再版時に字句の訂正や校正を行ったのも彼である。松井証券の松井道夫(旧姓務台道夫)は遠縁。 1935年 京都大学 文学博士 論文は「ヘーゲル精神現象学ト客観的精神ノ研究」。 1890年、長野県南安曇郡温村(のち安曇野市)に生まれる。温村長尾尋常小学校、明盛村温村組合立高等小学校、梓村他二ヶ村組合立高等小学校、松本郁文学校(1922年廃校)に学ぶ。 1907年、東筑摩郡和田小学校に赴任、以後、教員生活 1910年、東京高等師範学校入学 1914年、東京高等師範学校卒業。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

務台 理作の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

世界の大思想 1 ヘーゲル



河出書房新社

ワイド版世界の大思想 3


務台 理作 編さん /
河出書房新社

哲学概論 (1958年)



岩波書店

表現と論理



弘文堂書房

場所の論理学 (こぶし文庫―戦後日本思想の原点)


北野 裕通 編集 /
こぶし書房


務台 理作の著書を検索する

務台 理作の関連ニュース


務台 理作のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、務台 理作と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「務台 理作」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.