なだいなだ

(ナダイナダ)
なだ いなだ(1929年6月8日 - 2013年6月6日)は、精神科医・作家・評論家。日本テレビ放送番組審議会委員。本名は堀内 秀(ほりうち しげる)。「なだいなだ」はペンネームで、スペイン語の "nada y nada"(何もなくて、何もない)に由来する。 生い立ち 東京生まれ。両親は蒲田で小さな酒屋をやっていたが、大震災で店が燃えてしまったので、酒屋に見切りをつけて、御嶽山と呼ばれる田園地帯(現・東京都大田区)に移り、自宅を建てた。家の周りはじゃがいも畑だらけだった。父は耕地整理組合に勤めた。 学生時代 1942年旧制の私立麻布中学に入学。同級生に小沢昭一、フランキー堺、加藤武、仲谷昇、2年上に北杜夫、3年上に奥野健男、五年上に吉行淳之介がいた。 戦争が始まってインフレになると、進学資金として父が貯めてくれていたお金が紙くず同然になった。それで親の負担を軽くするために、授業料がかからず給料までもらえる陸軍幼年学校に行くことにした。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

なだいなだの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

権威と権力――いうことをきかせる原理・きく原理 (岩波新書 青版 C-36)



岩波書店
「権威」と「権力」と聞けば、はじめに政治学の専門分野と捉えてしまうかもしれないが、本書は、権威と権力を親子関係といった普段の生活意識に基づくものから、職業やメディアそして政治までを巻き込み、幅広く身近

心の底をのぞいたら (ちくま文庫)



筑摩書房 2014-04-11
自分で自分がわからない、つかまえどころのない自分の心。知りたくてたまらない他人の心。動物の心と人間の心はどうちがう? 身近で遠い、なぞにみちた心の中をわかりやすく案内し、無意識の世界へ誘う。若い人のた

TN君の伝記 (福音館文庫 ノンフィクション)


司 修 イラスト /
福音館書店


なだいなだの著書を検索する

なだいなだの関連ニュース


なだいなだのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、なだいなだと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「なだいなだ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.