長坂 秀佳

(ナガサカ・シュウケイ)
長坂 秀佳(ながさか しゅうけい(本名:ひでか)、1941年11月3日 - )は、脚本家、小説家、放送作家。別名義として出雲 五郎(いずも ごろう)がある。 来歴・人物 愛知県豊川市出身。子供の頃から本好きだったが、実家は裕福でなく本がなかなか買えなかったため、もっぱら貸本屋に入り浸り、店の主人から「ウチにはお前の読む本は残ってないよ」と言われたほどであった。 愛知県立豊橋工業高等学校機械科在学中に観た『野獣死すべし』に衝撃を受け、映画業界を志す。高校卒業後、上京しプラスチック工場で働いた後に東宝撮影所に入社する。美術助手を5年間務めた後、テレビ部企画課へ異動した。これらの経緯は脚本家となる彼の作風に大きく影響することになる。 1966年、「NHKシナリオコンクール」で『ものを言う犬』が佳作に入選し、1968年に同作品がテレビドラマ化されたことをきっかけに脚本を手掛けるようになる。 東宝撮影所を経て1970年に独立し、フリーの脚本家となる。『帰ってきたウルトラマン』からは特撮作品にも関わり始め初期の主な作品に『刑事くん』『人造人間キカイダー』『快傑ズバット』『小説吉田学校』(映画)など。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第35回 江戸川乱歩賞

長坂 秀佳の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

長坂 秀佳の著書を検索する

長坂 秀佳の関連ニュース


長坂 秀佳のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、長坂 秀佳と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「長坂 秀佳」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.