南木 佳士

(ナギ・ケイシ)
南木 佳士(なぎ けいし、本名:霜田 哲夫、1951年10月13日 - )は、日本の小説家、医師。代表作は『ダイヤモンドダスト』『医学生』『阿弥陀堂だより』等、生と死をテーマにした作品が多い。 群馬県吾妻郡嬬恋村出身。 東京都立国立高等学校、秋田大学医学部卒業、佐久総合病院勤務。 1981年、「破水」で第53回文学界新人賞を受賞し小説家デビュー。 1982年、「重い陽光」で第87回芥川賞候補。 1983年、「活火山」で第88回芥川賞候補。 1985年、「木の家」で第92回芥川賞候補。 1986年、「エチオピアからの手紙」で第94回芥川賞候補。 1989年、「ダイヤモンドダスト」で第100回芥川賞受賞。 1990年-1996年、パニック障害で病棟責任者を辞任。その後鬱病を発症。 2008年、『草すべり その他の短編』で泉鏡花文学賞受賞 2009年、『草すべり』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞 作品リスト 小説 『エチオピアからの手紙』文藝春秋、1986年 のち文庫  破水(『文學界』1981年12月号) 重い陽光(『文學界』1982年4月号) 活火山(『文學界』1982年10月号) 木の家(『文學界』1984年8月号) エチオピアからの手紙(『文學界』1985年12月号) 『ダイヤモンドダスト』文藝春秋、1989年 のち文庫  冬への順応 長い影 ワカサギを釣る ダイヤモンドダスト(『文學界』1988年9月号) 『落葉小僧』文藝春秋、1990年 のち文庫 (落葉小僧、フナを釣る、ニジマスを釣る、ハヤを釣る、ヤマメを釣る、金印) 『医学生』文藝春秋、1993 のち文庫  『山中静夫氏の尊厳死』文藝春秋、1993 のち文庫 (山中静夫氏の尊厳死、試みの堕落論) 『阿弥陀堂だより』1995年、文藝春秋、のち文庫 『冬物語』文藝春秋、1997 のち文庫 (川岸にて、空の青、赤い車、晩秋、タオルと銃弾、冬物語、ウサギ、急須、スイッチバック、木肌に触れて、となり町で、芝生) 『家族』文藝春秋、1999 のち文庫 (家族、井戸の神様、風鐸、さとうきび畑) 『海へ』文藝春秋、2001 のち文庫  初出:『文學界』2000年8月号 『神かくし』文藝春秋、2002 のち文庫  神かくし(『文學界』2001年2月号) 濃霧(『文學界』2001年7月号) 火映(『文學界』2001年8月号) 廃屋(『文學界』2001年11月号) 底石を探す(『文學界』2002年2月号) 『こぶしの上のダルマ』文藝春秋、2005 のち文庫  こぶしの上のダルマ(『文學界』2004年7月号) 山と海(『文學界』2004年8月号) ぬるい湯を飲む猫(『文學界』2004年9月号) 稲作問答(『文學界』2004年10月号) 洗顔と歯磨き(『文學界』2004年11月号) 集落の葬式(『文學界』2004年12月号) 歩行(『文學界』2005年1月号) 麦草峠(『文學界』2005年2月号) 『トラや』2007年、文藝春秋 のち文庫 『草すべり その他の短編』文藝春秋、2008 のち文庫 (草すべり、旧盆、バカ尾根、穂高山) 『先生のあさがお』文藝春秋、2010 のち文庫(熊出没注意、白い花の木の下、先生のあさがお) 『熊出没注意 南木佳士自選短篇小説集』幻戯書房 2012  『陽子の一日』文藝春秋、2013 文春文庫、2015  エッセイなど 『ふいに吹く風』1991年、文藝春秋、のち文庫 『信州に上医あり 若月俊一と佐久病院』1994年、岩波新書 『医者という仕事』1995年、朝日新聞社、のち文庫 『ふつうの医者たち』(対談集、1998年、文藝春秋)のち文庫  『臆病な医者』1999年、朝日新聞社、のち文春文庫、朝日文庫 『冬の水練』2002年、岩波書店、のち文春文庫 『急な青空』2003年、文藝春秋、のち文庫 『天地有情』2004年、岩波書店、のち朝日文庫 『からだのままに』 2007年、文藝春秋、のち文庫 『生きのびるからだ』2009年、文藝春秋、のち文庫  『山行記』山と溪谷社 2011  『生きてるかい?』文藝春秋 2011 のち文庫 『猫の領分 南木佳士自選エッセイ集』幻戯書房 2012 『薬石としての本たち』文藝春秋、2015年  共著 『八十八歳の秋 若月俊一の語る老いと青春』若月俊一述、1999年、岩波書店 テレビ出演 『課外授業 ようこそ先輩』(NHK総合テレビ、2010年11月28日) 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第100回 芥川賞 / 第53回 文學界新人賞 / 第36回 泉鏡花文学賞

南木 佳士の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

阿弥陀堂だより (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
ようやく新人賞はもらったものの、執筆に行き詰まっている作家の孝夫は、医者である妻・美智子が心の病を得たのを機に、故郷の信州へ戻ることにした。山里の美しい村でふたりが出会ったのは、村人の霊を祀る「阿弥陀

阿弥陀堂だより



文藝春秋

ダイヤモンドダスト (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
火の山を望む高原の病院。そこで看護士の和夫は、様々な過去を背負う人々の死に立ち会ってゆく。病癒えず逝く者と見送る者、双方がほほえみの陰に最期の思いの丈を交わすとき、時間は結晶し、キラキラと輝き出す……

ダイヤモンドダスト



文藝春秋
第100回(昭和63年度下半期) 芥川賞受賞

医学生 (文春文庫)



文藝春秋

山行記 (文春文庫)



文藝春秋 2016-05-10


南木 佳士の著書を検索する

南木 佳士の関連ニュース


南木 佳士のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、南木 佳士と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「南木 佳士」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.