内藤 初穂

(ナイトウ・ハツホ)
内藤 初穂(ないとう はつほ、1921年1月3日 - 2011年10月20日)は、ノンフィクション作家。大日本帝国海軍技術大尉。父は仏文学者で『星の王子さま』の翻訳で知られる内藤濯。 東京生まれ。 東京の府立高等学校を卒業。 東京帝国大学工学部船舶工学科卒業。 海軍航空技術廠科学部勤務。 岩波書店編集部、会社経営を経て作家に。 2005年、第9回海洋文学大賞特別賞を受賞。 2006年、『星の王子の影とかたちと』で日本エッセイストクラブ賞受賞。 2011年10月20日、胃がんのため神奈川県鎌倉市の病院で死去。90歳没。 著書 海軍技術戦記(図書出版社、1976年) 機密兵器奮竜(図書出版社、1979年) つきとあそぼう(絵・谷内こうた、至光社、1980年) 桜花 非情の特攻兵器(文藝春秋、1982年/中公文庫、1999年) 狂気の海 太平洋の女王浅間丸の生涯(中央公論社、1983年) 太平洋の女王浅間丸(中公文庫、1998年) 軍艦総長 平賀譲(文藝春秋、1987年/中公文庫、1999年) トーマス・B・グラバー始末 明治建国の洋商(アテネ書房、2001年) 星の王子の影とかたちと(筑摩書房、2006年) 戦艦大和へのレクイエム 大艦巨砲の技術を顧みる(グラフ社、2008年) 編・訳 失われた動物(R.カーリントン、真城正明共訳、図書出版社、1978年) 星の王子パリ日記(内藤濯、グラフ社、1984年) 平賀譲遺稿集(出版協同社、1985年) 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

内藤 初穂の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

軍艦総長 平賀譲 (中公文庫)



中央公論新社

軍艦総長・平賀譲



文藝春秋

つきとあそぼう (至光社国際版絵本)


谷内 こうた イラスト /
至光社

桜花―非情の特攻兵器 (1982年)



文藝春秋
ひとたび投下されれば絶対に生還できない人間爆弾「桜花」その発案者,制作陣,指揮官,そして搭乗員たちが織り成す痛切の人間ドラマ!

内藤 初穂の著書を検索する

内藤 初穂の関連ニュース


内藤 初穂のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、内藤 初穂と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「内藤 初穂」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.