中江 藤樹

(ナカエ・トウジュ)
中江 藤樹(なかえ とうじゅ、1608年4月21日(慶長13年3月7日) - 1648年10月11日(慶安元年8月25日))は、近江国(滋賀県)出身の江戸時代初期の陽明学者。近江聖人と称えられた。諱は原(はじめ)、字は惟命(これなが)、通称は与右衛門、藤樹と号した。 農業を営む中江吉次の長男として誕生。9歳の時に伯耆米子藩主・加藤氏の150石取りの武士である祖父・徳左衛門吉長の養子となり米子に赴く。1617年(元和2年)米子藩主・加藤貞泰が伊予大洲藩(愛媛県)に国替えとなり祖父母とともに移住する。1622年(元和8年)祖父が死去し、家督100石を相続する。 1634年(寛永11年)27歳で母への孝行と健康上の理由により藩に対し辞職願いを提出するが拒絶される。脱藩し京に潜伏の後、近江に戻った。郷里である小川村(現在の滋賀県高島市)で、私塾を開く。これが、藤樹書院である。1637年(寛永14年)伊勢亀山藩士・高橋小平太の娘・久と結婚する。藤樹の屋敷に藤の巨木があったことから、門下生から「藤樹先生」と呼ばれるようになる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中江 藤樹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

翁問答



日本青年館

翁問答 (岩波文庫)



岩波書店

翁問答



日本青年館

翁問答


井上哲次郎 編集 /
広文堂

鑑草 (岩波文庫)



岩波書店

大学解通釈 (1939年)



目黒書店

藤樹先生全集 (1976年)



弘文堂書店

藤樹先生全集 (1976年)



弘文堂書店

日本の名著 (11) 中江藤樹・熊沢蕃山 (中公バックス)


伊東 多三郎 編さん /
中央公論社


中江 藤樹の著書を検索する

中江 藤樹の関連ニュース


中江 藤樹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中江 藤樹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中江 藤樹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.