中川 李枝子

(ナカガワ・リエコ)
中川 李枝子(なかがわ りえこ、1935年9月29日 - )は、日本の児童文学作家、作詞家。夫は画家の中川宗弥。 来歴・人物 旧姓は大村。北海道札幌市に生まれる。4歳の時東京の祖父の家に移り、小学3年生までの幼少時を過ごす。その後一時札幌に疎開した後、戦後間もなく父とともに福島市へ移り、高校2年の時に再び東京に戻る。東京都立高等保母学院(現・都立高等保育学院)卒業。 保母として働きながら執筆活動を行い、1962年『いやいやえん』で厚生大臣賞・サンケイ児童出版文化賞・野間児童文芸推奨作品賞・NHK児童文学奨励賞、1980年『子犬のロクがやってきた』で毎日出版文化賞、2013年菊池寛賞、ほか数々の賞を受賞。その後も実妹の画家・山脇百合子(旧姓・大村)とコンビで、数多くの作品を発表。代表作に『ぐりとぐら』『そらいろのたね』『ももいろのきりん』など。エッセイ集に『本・子ども・絵本』がある。また、作詞家としても1988年公開のアニメ映画『となりのトトロ』のオープニングテーマ『さんぽ』 や『まいご』等数曲のイメージソングの作詞を手掛ける。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中川 李枝子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)


子どもの本研究会 編集 /大村 百合子 イラスト /
福音館書店
   主人公しげるが通う保育園のお話が5話収められている。短いお話も長いお話もあり、好きなものから読める。また、絵も多いため、簡単に読み進めることができる。  「ちゅーりっぷほいくえん」は、しげ

ぐりとぐらかるた


山脇 百合子 イラスト /
福音館書店

ももいろのきりん (福音館創作童話シリーズ)


中川 宗弥 イラスト /
福音館書店

ぐりとぐらの1ねんかん (日本傑作絵本シリーズ)


山脇 百合子 イラスト /
福音館書店
   カステラが大好きな“のねずみ”のぐりとぐらを描いたシリーズの1冊。保母をしていた作者が「とにかく子どもたちを喜ばせたい」と考えて1964年に誕生したぐりとぐらは、世代を超えて愛されているキャラク

ぐりとぐらのあいうえお


山脇 百合子 イラスト /
福音館書店
   「ぐりとぐら」シリーズでおなじみの「ぐり」と「ぐら」が、楽しいリズムで「あいうえお」を教えてくれる絵本。一辺が13センチ程度の小さなサイズ。 あさいもほり

ぐりとぐらのあいうえお (ぐりとぐらといっしょにおでかけ絵本)


山脇 百合子 イラスト /
福音館書店
   「ぐりとぐら」シリーズでおなじみの「ぐり」と「ぐら」が、楽しいリズムで「あいうえお」を教えてくれる絵本。一辺が13センチ程度の小さなサイズ。 あさいもほり

ぐりとぐらのおおそうじ(英語版)


山脇 百合子 イラスト /Richard Carpenter 原著 /リチャード カーペンター 翻訳 /
チャールズイータトル出版
   ある朝、窓をあけて「はるの におい!」と叫んだぐりとぐら。部屋のなかは、冬の間にたまったほこりでいっぱい。だから「きょうの しごとは、おおそうじ」。でも掃除道具はぼろぼろで使えないものばかり。「

ぐりとぐらのおおそうじ (日本傑作絵本シリーズ)


山脇 百合子 イラスト /
福音館書店
   ある朝、窓をあけて「はるの におい!」と叫んだぐりとぐら。部屋のなかは、冬の間にたまったほこりでいっぱい。だから「きょうの しごとは、おおそうじ」。でも掃除道具はぼろぼろで使えないものばかり。「

たんたのたんけん (新しい日本の幼年童話 1)


山脇 百合子 イラスト /
学研プラス


中川 李枝子の著書を検索する

中川 李枝子の関連ニュース


中川 李枝子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中川 李枝子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中川 李枝子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.