中井 英夫

(ナカイ・ヒデオ)
中井 英夫(なかい ひでお、本名同じ、1922年(大正11年)9月17日 - 1993年(平成5年)12月10日)は、日本の短歌編集者、小説家、詩人。三大奇書とされる代表作の『虚無への供物』の作者として著名であるが、ノヴェレット主体のマニエリスティクな推理小説・幻想文学において知られている。別名に塔 晶夫(とう あきお)、碧川 潭(みどりかわ ふかし)、黒鳥館主人、流薔園園丁、月蝕領主。 概要・人物 東京市滝野川区田端に生まれ育つ。父は植物学者で国立科学博物館館長、陸軍司政長官・ジャワ・ボゴール植物園園長、小石川植物園園長等を歴任した東京帝国大学名誉教授の中井猛之進。祖父・堀誠太郎も札幌農学校教授、小石川植物園御用掛を歴任しており、二代続いた植物学者の家系であった。 東京高師附属中(現在の筑波大学附属中学校・高等学校)で嶋中鵬二や椿實らの知遇を得る。一年浪人して旧制府立高等学校(新制東京都立大学の前身、現在の首都大学東京)に進み、戦時中は学徒出陣で市谷の陸軍参謀本部に勤務。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第2回 泉鏡花文学賞

中井 英夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)



講談社 2013-01-15
昭和二十九年の洞爺丸沈没事故で両親を失った蒼司(そうじ)・紅司(こうじ)兄弟、従弟の藍司(あいじ)らのいる氷沼(ひぬま)家に、さらなる不幸が襲う。密室状態の風呂場で紅司が死んだのだ。そして叔父の橙二郎

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)



講談社 2013-01-15
アパートの一室での毒殺、黄色の部屋の密室トリック――素人探偵・奈々村久生(ななむらひさお)と婚約者・牟礼田俊夫(むれたとしお)らが推理を重ねる。誕生石の色、五色の不動尊、薔薇、内外の探偵小説など、蘊蓄

恋 川端康成・江戸川乱歩ほか (文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション)


東雅夫 編集 /谷川千佳 イラスト /
汐文社

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選


澁澤龍彥 その他 /古川緑波 その他 /倉橋由美子 その他 /隆慶一郎 その他 /筒井康隆 その他 /山田風太郎 その他 /C・W ニコル その他 /谷崎潤一郎 その他 /伊藤計劃 その他 /夢野久作 その他 /芦原すなお その他 /青木正児 その他 /上村一夫 その他 /村山槐多 その他 /南條竹則 その他 /北大路魯山人 その他 /太田忠司 その他 /三島由紀夫 その他 /清水義範 その他 /中井英夫 その他 /澁川祐子 その他 /小林秀雄 その他 /色川武大 その他 /中島らも その他 /内田百閒 その他 /石井好子 その他 /種村季弘 その他 /長沢節 その他 /津原泰水 編集 /津原泰水 その他 /森鷗外 その他 /森茉莉 その他 /夏目漱石 その他 /正岡子規 その他 /
芸術新聞社


中井 英夫の著書を検索する

中井 英夫の関連ニュース


中井 英夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中井 英夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中井 英夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.