中島 敦

(ナカジマ・アツシ)
中島 敦(なかじま あつし、1909年(明治42年)5月5日 - 1942年(昭和17年)12月4日)は、日本の小説家。 中島家は代々、日本橋新乗物町(現在の東京都中央区日本橋堀留町)で駕籠を製造販売する商家であった。敦の祖父・中島慶太郎(号を撫山)は家業を嫌い、漢学者・亀田鵬斎の子・稜瀬の門下となり、稜瀬没後は稜瀬の養子・鶯谷に師事した。後に埼玉県南埼玉郡久喜町(現久喜市)に漢学塾「幸魂教舎」を開き、『斗南先生』のモデルとなった伯父・中島端蔵(戸籍謄本上は長男と記載されているが撫山には先妻との間に子があり、実際は撫山の次男)が祖父の漢学塾を受け継いでいた。他に中島竦・中島若之助・中島開蔵・中島比多木などの伯父・叔父がおり、みな漢学を修めて世に出ている。 父・中島田人(撫山の六男。戸籍上は五男)は1889年、文部省教員検定試験の漢学科に合格し、銚子中学校(旧制中学)で漢文の教員をしていた。生母・チよは、旗本の家柄で警察官をしていた岡崎勝太郎の一人娘で、小学校教員も一時していたとされる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中島 敦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

李陵・山月記



新潮社 2013-07-01
人はいかなる時に、人を捨てて畜生に成り下がるのか。中国の古典に想を得て、人間の心の深奥を描き出した「山月記」。母国に忠誠を誓う李陵、孤独な文人・司馬遷、不屈の行動人・蘇武、三者三様の苦難と運命を描く「

山月記・李陵 (お風呂で読む文庫 7)



フロンティアニセン

『中島敦作品集・31作品⇒1冊』



中島敦作品集・出版委員会 2015-04-14
「山月記」「李陵」「光と風と夢」。漢文調の端正な文体と、おかしみ誘うユーモラスな文体を変幻自在に操った早世の作家、中島敦の「31作品」を1冊に収録。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

中島 敦の著書を検索する

中島 敦の関連ニュース


中島 敦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中島 敦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中島 敦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.