中嶋 博行

(ナカジマ・ヒロユキ)
中嶋 博行(なかじま ひろゆき、1954年9月12日 - )は、日本のミステリー作家・小説家・評論家、弁護士。横浜弁護士会所属。茨城県下館市(現・筑西市)出身。 茨城県下館市(現・筑西市)出身。早稲田大学法学部卒業。1985年に司法試験に合格。横浜に弁護士事務所を開業。「検察捜査」で第40回江戸川乱歩賞を受賞、デビュー作となる。「リーガル・サスペンス」と題し、専門知識を生かした推理小説が特徴である。 犯罪被害者の支援活動にも尽力している。犯罪被害者救済の為、刑事裁判に民事裁判を附属させて同時におこなう民刑併合の裁判、すなわちかつて日本でも旧刑事訴訟法のもとで実施されていた附帯私訴の復活を主張している。 犯罪被害をテーマにした漫画「ホカベン」の原作者。遊戯銃への造詣が深く、「トイガン文化を守る会」代表、日本遊戯銃協同組合ソフトエアガン安全会議常務理事を務めている。 作品 小説 『検察捜査』講談社、1994年9月(のち、講談社文庫)- 1994年度第40回江戸川乱歩賞 黒木瞳主演でテレビドラマ化 『違法弁護』講談社、1995年11月(のち、講談社文庫) 『司法戦争』講談社、1998年7月(のち、講談社文庫) 『第一級殺人弁護』講談社、1999年7月(のち、講談社文庫) 風間トオル主演でテレビドラマ化 『ホカベン ボクたちの正義』講談社文庫、2008年6月 『新検察捜査』講談社、2013年10月刊行予定 漫画原作 『ホカベン』1 講談社イブニングKC、2003年10月 カワラニサイ画 『ホカベン』2 講談社イブニングKC、2004年8月 カワラニサイ画 『ホカベン』3 講談社イブニングKC、2005年1月 カワラニサイ画 『ホカベン』4 講談社イブニングKC、2006年7月 カワラニサイ画 『ホカベン』5 講談社イブニングKC、2006年7月 カワラニサイ画 『イブニング』にて連載、後に上戸彩主演でテレビドラマ化。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第40回 江戸川乱歩賞

中嶋 博行の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

新検察捜査 (講談社文庫)



講談社 2015-10-15

新検察捜査 (講談社文庫)



講談社 2015-11-13
殺害した女性の心臓をえぐり出す猟奇事件を起こした少年に、横浜地裁は騒然となる。別の法廷では、被告の医師が何者かに射殺される。少年を担当する検事岩崎紀美子は、少年の心療内科の担当医師のゆがんだ欲望に気づ

新検察捜査



講談社

新装版 検察捜査 (講談社文庫)



講談社 2015-08-12

新装版 検察捜査 (講談社文庫)



講談社 2015-09-11
横浜地検の検察官、岩崎紀美子の最初の事件。日弁連の大物弁護士西垣文雄が横浜の自宅で惨殺された。西垣が恨みを買いそうな案件を調べる岩崎は、背後の闇の深さに直面する。検察庁と日弁連の確執、組織の軋轢……そ

違法弁護



講談社

違法弁護 (講談社文庫)



講談社 2012-12-03
横浜の巨大法律事務所の勤務弁護士・水島由里子は、女性初の経営弁護士の地位をめざし、貿易会社の法的危機管理を担当。しかし、クライアントの連中は古ぼけた倉庫の中に何を保管していたのか、まさかその秘密を守る

ホカベン ボクたちの正義 (講談社文庫)



講談社 2012-10-05
正義感に燃える新米弁護士(ホカベン)堂本孝に、5歳の娘を連れた母親が離婚相談に訪れる。夫のDVを察知し奔走する堂本。ところが、依頼人は夫を刺殺してしまう。保険金殺人か。依頼人は事実を語らない。熾烈な法

中嶋 博行の著書を検索する

中嶋 博行の関連ニュース


中嶋 博行のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中嶋 博行と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中嶋 博行」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.