中島 河太郎

(ナカジマ・カワタロウ)
中島 河太郎(なかじま かわたろう、1917年6月5日 - 1999年5月5日)は日本のミステリー文学評論家、アンソロジスト、国文学者。ホラー・恐怖小説や怪奇色が強いミステリ小説にも造詣が深かった。本名は中嶋馨(なかじまかおる)。別名に小城魚太郎、石羽文彦、玉井一二三。 鹿児島県鹿児島市生まれ。東京帝国大学国文科卒業後。東京府立第七中学校(のち東京都立墨田川高等学校)の教諭をつとめながら、柳田國男、正宗白鳥に師事。旧制中学教師時代はまだ若かったので生徒から「あんちゃん」と呼ばれ、怒ると生徒を並べて「ホイホイ」と言いつつ後ろから尻を蹴り上げることで知られていた。戦時中に授業を受けた半藤一利からは「軍事教練をさぼると思いっきり殴る軍国教師だった」と批判されている。その他、佐野眞一も墨田川高等学校での教え子のひとりである。佐野によると、当時の中島は「由比正雪のような総髪をし、達意の文章、特に古典の名文を読むときは音吐朗々、独特の髪形とも相俟って、書かれた世界に引きずりこむ魔力めいたものがあ」り、1964年5月、『宝石』廃刊の時は憔悴した表情で「今日は大変悲しいことがあったので、授業はできません」と発言した、という。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第1回 江戸川乱歩賞 / 第2回 日本ミステリー文学大賞

中島 河太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

日本探偵小説全集〈12〉名作集2 (創元推理文庫)


中島 河太郎 監修 /
東京創元社

男の首 黄色い犬 (創元推理文庫 139-1)


中島 河太郎 解説 /Georges Simenon 原著 /宮崎 嶺雄 翻訳 /
東京創元社

新青年傑作選〈第1巻〉推理小説論 (1970年)


中島 河太郎 編集 /
立風書房

死者の木霊 (講談社文庫)


中島 河太郎 解説 /
講談社

金田一耕助 (1979年) (名探偵読本〈8〉)


中島 河太郎 編集 /
パシフィカ

江戸川乱歩賞全集(1)探偵小説辞典 (講談社文庫)


日本推理作家協会 編集 /
講談社

読物・復刻・資料編 (新青年傑作選)


中島 河太郎 編集 /
立風書房

世界推理名作全集〈第5〉ベントリー,シムノン (1960年)


中島 河太郎 解説 /大久保 康雄 翻訳 /宇野 利泰 翻訳 /三好 格 翻訳 /
中央公論社

推理小説編 (新青年傑作選)


中島 河太郎 編集 /
立風書房


中島 河太郎の著書を検索する

中島 河太郎の関連ニュース


中島 河太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中島 河太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中島 河太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.