中島 健蔵

(ナカジマ・ケンゾウ)
中島 健蔵(なかじま けんぞう、1903年(明治36年)2月21日 - 1979年(昭和54年)6月11日)は、フランス文学者、文芸評論家。ヴァレリーやボードレールなどを翻訳紹介する一方、当時まだ無名だった宮澤賢治の作品に光を当て、戦後はいわゆる進歩的知識人の一人として反戦平和運動に貢献すると共に、日本文芸家協会の再建や著作権保護、日中の文化交流に尽力した。中国切手の世界的なコレクターとしても有名である。 来歴・人物 心理学者の中島泰蔵の長子(一人っ子)として東京市麹町区(現・東京都千代田区)に生まれた。父・泰蔵はハーヴァード大学でウィリアム・ジェイムズに教えを受け、帰国後は東京専門学校(後の早稲田大学)で講師を務めた。 1909年、東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)入学。同級に市原豊太、菊池正士、坪井忠二。少年時代は自然科学に惹かれていたが、1914年、父宛に贈られた親類前田夕暮(泰蔵の姪を妻に持つ)の第三歌集『生くる日に』を読んで感銘を受け、短歌を創作して夕暮に送るも黙殺された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第30回 野間文芸賞

中島 健蔵の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ヴァリエテ (1947年)


中島 健蔵 翻訳 /佐藤 正彰 翻訳 /
白水社

ボードレール芸術論 (角川文庫)


佐藤 正彰 翻訳 /中島 健蔵 翻訳 /
角川書店

昭和時代 (岩波新書)



岩波書店


中島 健蔵の著書を検索する

中島 健蔵の関連ニュース


中島 健蔵のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中島 健蔵と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中島 健蔵」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.