中島 望

(ナカジマ・ノゾム)
中島 望(なかじま のぞむ、1968年 - )は日本の作家。和歌山県出身。国際空手道連盟極真会館所属。
『Kの流儀 フルコンタクト・ゲーム』で第10回メフィスト賞を受賞、デビュー。
『Kの流儀』(1999年、講談社ノベルス)
『牙の領域』(2000年、講談社ノベルス)
『十四歳、ルシフェル』(2001年、講談社ノベルス)
『地獄変』(2005年、講談社ノベルス)
『宇宙捕鯨船バッカス』(2005年、ハルキ・ノベルス)
『ランデヴーは危険がいっぱい』(2006年、ハルキ・ノベルス)
『ベテルギウス決死圏』(2006年、ハルキ・ノベルス)
『人形はひとりぼっち The doll hunter』(2004年、富士見ミステリー文庫)
『ハイブリッド・アーマー』(2004年、ハルキ・ノベルス)
『クラムボン殺し』(2006年、講談社ノベルス)
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第10回 メフィスト賞

中島 望の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

プロダクトマネジメント―新製品開発のための戦略的マーケティング


林 広茂 翻訳 /小川 孔輔 翻訳 /中島 望 翻訳 /山中 正彦 翻訳 /
プレジデント社


中島 望の著書を検索する

中島 望の関連ニュース


中島 望のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中島 望と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中島 望」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.