中町 信

(ナカマチ・シン)
中町 信(なかまち しん、1935年1月6日 - 2009年6月17日)は、日本の小説家・推理作家。群馬県沼田市生まれ。早稲田大学第一文学部独文科卒業。本名は同じ字であきらと読む 大学卒業〜就職 1959年、大学を卒業し教科書出版社に就職する。この時の同僚に後に推理作家になる津村秀介がいる。1965年、「雀の涙さながらの低賃金と不逞な上司どもへの反撥心から」(双葉社『新人賞殺人事件』あとがきより)出版社を退職。半年ほど失業保険と配送会社のアルバイトで暮らしながら、鮎川哲也やアガサ・クリスティなどのミステリーの古本を買って読み漁った。その後医学書院で校閲の仕事をはじめる。この時の同僚に翻訳家の小鷹信光がいる。 双葉推理賞への挑戦〜雑誌デビュー 1966年、教科書を売り込むセールスマンを描いた「闇の顔」で第1回双葉推理賞の最終候補4編に残る(受賞作は石沢英太郎「羊歯行」)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中町 信の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

模倣の殺意 (創元推理文庫)



東京創元社 2012-12-21
七月七日の午後七時、新進作家、坂井正夫が青酸カリによる服毒死を遂げた。遺書はなかったが、世を儚んでの自殺として処理された。坂井に編集雑務を頼んでいた医学書系の出版社に勤める中田秋子は、彼の部屋で偶然行

三幕の殺意



東京創元社 2013-09-27
その山小屋は尾瀬の名峰、燧ヶ岳が目の前にそびえ立つ尾瀬沼の湖畔にあった。昭和四十年――東京オリンピックが開催された翌年の、厳しい雪の訪れをひかえた十二月初旬。吹雪の晩、山小屋の離れに住む日田原聖太が頭

偽りの殺意 (光文社文庫)



光文社 2014-10-09

暗闇の殺意 (光文社文庫)



光文社 2014-01-09


中町 信の著書を検索する

中町 信の関連ニュース


中町 信のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中町 信と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中町 信」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.