仲正 昌樹

(ナカマサ・マサキ)
仲正 昌樹(なかまさ まさき、1963年2月22日 - )は、日本の哲学者、金沢大学法学類教授。専門は政治思想史、社会思想史、社会哲学。 人物・来歴 広島県呉市出身。呉市吉浦小学校、吉浦中学校を卒業後、1981年に広島県立呉三津田高等学校卒業、東京大学教養学部理科I類入学。1984年に東京大学教育学部に進学する。その後、西ドイツに渡る。1989年教育学部教育史・教育哲学科卒業。大学時代は、教育思想史の堀尾輝久に師事、卒論はシュライエルマッハーとルソー。大学院入試を受けるが失敗し、1990年から世界日報記者、92年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻のドイツ科に入学する。麻生建に学び、博士課程進学後、1995―96年ドイツのマンハイム大学に留学、1996年「〈隠れたる神〉の痕跡 - ドイツ近代の成立とヘルダリン」で東京大学博士(学術)取得。1998年から金沢大学法学部助教授、法学部共生社会論大講座教授。2008年法学類教授。金沢大就職以後、『情況』の編集に携わっていた。 著書 単著 共著 (仁木恒夫・打出喜義)『「人体実験」と患者の人格権――金沢大学付属病院無断臨床試験訴訟をめぐって』(御茶の水書房, 2003年) (宮台真司)『日常・共同体・アイロニー――自己決定の本質と限界』(双風舎, 2004年) (安西明子・打出喜義・仁木恒夫)『「人体実験」と法――金沢大学附属病院無断臨床試験訴訟をめぐって』(御茶の水書房, 2006年) (清家竜介・藤本一勇・北田暁大・毛利嘉孝)『現代思想入門――グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!』(PHP研究所, 2007年) (山本美代子・藤井久代・白石山香)『「大学病院」の罠――福岡大肺気腫手術訴訟をめぐって』(御茶の水書房, 2007年) 『メディア論 現代ドイツにおける知のパラダイム・シフト』寄川条路編 大塚直,川島建太郎,縄田雄二共著 御茶の水書房 2007 『『先端医療』の落し穴 姫路赤十字病院小児リンパ腫男児死亡訴訟をめぐって』篠原聖二,佐藤功行,原純一,宮脇正和共著 御茶の水書房 2008 『教養主義復権論 本屋さんの学校 2』浜野喬士,大澤聡,白井聡共著 明月堂書店 2010 編著 『ヨーロッパ・ジェンダー研究の現在――ドイツ統一後のパラダイム転換』(御茶の水書房, 2001年) 『美のポリティクス』(御茶の水書房, 2003年) 『脱構築のポリティクス』(御茶の水書房, 2003年) 『法の他者』(御茶の水書房, 2004年) 『差異化する正義』(御茶の水書房, 2004年) 『グローバル化する市民社会』(御茶の水書房, 2006年) 『批判的社会理論の現在』御茶の水書房 2007 叢書・アレテイア 『社会理論における「理論」と「現実」』御茶の水書房 2008 叢書・アレテイア 『歴史における「理論」と「現実」』御茶の水書房 2008 叢書・アレテイア 『近代法とその限界』御茶の水書房 2010 叢書・アレテイア 『自由と自律』御茶の水書房 2010 叢書・アレテイア 『批評理論と社会理論』御茶の水書房 2011 叢書・アレテイア 『「法」における「主体」の問題』御茶の水書房、2013年、叢書・アレテイア、ISBN 427501040X 共編著 (藤本一勇)『ポスト近代の公共空間』(御茶の水書房, 2005年) 訳書 クリストフ・ヤメ『神話 芸術 現実』久保陽一編訳(公論社, 1998年) ペーター・スローターダイク『「人間園」の規則――ハイデッガーの『ヒューマニズム書簡』に対する返書』(御茶の水書房, 2000年) アレックス・デミロヴィッチ『民主主義と支配』中村隆一,古賀暹共訳(御茶の水書房, 2000年) マフディ・エルマンジュラ『第一次文明戦争――「新世界秩序」と「ポスト・コロニアリズム」をめぐって』(御茶の水書房, 2001年) マフディ・エルマンジュラ『第二次文明戦争としてのアフガン戦争――戦争を開始した「帝国の終焉」の始まり』(御茶の水書房, 2001年) ドゥルシラ・コーネル『自由のハートで』(情況出版, 2001年) ペーター・スローターダイク『大衆の侮蔑――現代社会における文化闘争についての試論』(御茶の水書房, 2001年) ドゥルシラ・コーネル『正義の根源』監訳 御茶の水書房 2002 ナンシー・フレイザー,エリ・ザレツキー『9・11とアメリカの知識人』(御茶の水書房, 2002年) ハンナ・アーレント『暗い時代の人間性について』(情況出版, 2002年) マフディ・エルマンジュラ『文化的脱植民地化――国際政治のコロニアルな構造をめぐって』(御茶の水書房, 2002年) ナンシー・フレイザー『中断された正義――「ポスト社会主義的」条件をめぐる批判的省察』監訳(御茶の水書房, 2003年) ペーター・スローターダイク『空震――テロの源泉にて』(御茶の水書房, 2003年) ドゥルシラ・コーネル『脱構築と法――適応の彼方へ』監訳 岡野八代,望月清世,藤本一勇,西山達也,久保田淳,郷原佳以共訳(御茶の水書房, 2003年) マフディ エルマンジュラ『メガ帝国主義の出現とイスラーム・グローバル現象――イラク戦争後の世界』(世界書院, 2004年) アントニオ・ネグリ『ヨブ――奴隷の力』(情況出版, 2004年) トム・ロックモア『ハイデガーとフランス哲学』北川東子共監訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2005 ドゥルシラ・コーネル『イマジナリーな領域――中絶、ポルノグラフィ、セクシュアル・ハラスメント』監訳(御茶の水書房, 2006年) ドゥルシラ・コーネル『限界の哲学』監訳 御茶の水書房 2007 ドゥルシラ・コーネル『"理想"を擁護する 戦争・民主主義・政治闘争』監訳 近藤真里子,高橋慎一,高原幸子訳 作品社 2008 ハンナ・アーレント著 ロナルド・ベイナー編『完訳カント政治哲学講義録』浜野喬士訳書編 明月堂書店 2009 アレックス・デミロヴィッチ『非体制順応的知識人 批判理論のフランクフルト学派への発展』責任編集 御茶の水書房 2009-11 ドゥルシラ・コーネル『イーストウッドの男たち マスキュリニティの表象分析』吉良貴之共監訳 御茶の水書房 2011 ドゥルシラ・コーネル『自由の道徳的イメージ』吉良貴之共監訳 伊藤泰 [ほか] 訳 御茶の水書房 2015 外部リンク 金沢大学 教員総覧、仲正昌樹 仲正昌樹 - ブックスキャン 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

仲正 昌樹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ハイデガー哲学入門 『存在と時間』を読む (講談社現代新書)



講談社 2015-11-27
従来のハイデガー『存在と時間』解説書はアリストテレスや中世スコラ哲学、新カント学派、フッサール現象学、ユクスキュルの生物学等からの影響や相関関係をめぐる専門的な問題に集中しすぎるきらいがあった。それが

マックス・ウェーバーを読む (講談社現代新書)



講談社 2014-09-26
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』『官僚制』『職業としての学問』等、代表作からウェーバーの思考を知ることは、我々の社会と歴史を深く学ぶことである。そして現在の世界・日本が抱える諸問題を考え

今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)



講談社 2012-09-28
20世紀を代表する政治哲学者が、なぜいま再評価されるのか。人間の本性や社会の公共性を探った彼女の難解な思考の軌跡を辿り直し、私たちがいま生きる社会を見つめ直す試み。

仲正 昌樹の著書を検索する

仲正 昌樹の関連ニュース


仲正 昌樹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、仲正 昌樹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「仲正 昌樹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.