中村 航

(ナカムラ・コウ)
中村航(なかむら こう、1969年11月23日 - )は、日本の小説家。岐阜県大垣市出身。 大垣市立北中学校、岐阜県立大垣北高等学校、芝浦工業大学工学部工業経営学科卒業。10代の頃はバンド活動をしており、歌詞や曲の創作活動が好きだった。卒業後、メーカー(公式サイトではF写真光機と記されている)に就職し、エンジニアとして働く。27歳の時にバンドを辞めたため時間を持て余し、友人に勧められて小説を書きはじめる。執筆活動に専念するため、1999年、29歳の時に退社。執筆することを中心に考え、合間に塾で勉強を教えたり、引っ越ししたりととにかく生活を変えた。2002年、31歳で『リレキショ』で第39回文藝賞受賞しデビュー。子供の頃に読んだ児童小説の他、影響を受けた作家は椎名誠、村上春樹、よしもとばなな、江國香織、角田光代など。 2006年に第6回スーパーダッシュ小説新人賞選考委員、2007年に第2回日本ケータイ小説大賞選考委員を務めた。 著書(2013年8月現在)の表紙イラストは本人が盟友と呼ぶイラストレーターの宮尾和孝によるものが大半であり、作品によっては章の扉や作中にもイラストを手がけている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第26回 野間文芸新人賞

中村 航の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

中村 航の著書を検索する

中村 航の関連ニュース


中村 航のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中村 航と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中村 航」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.