中村 草田男

(ナカムラ・クサタオ)
中村 草田男(なかむら くさたお、1901年(明治34年)7月24日 - 1983年(昭和58年)8月5日)は、愛媛県出身の俳人。本名清一郎(せいいちろう)。東京大学国文科卒。高浜虚子に師事、「ホトトギス」で客観写生を学びつつ、ニーチェなどの西洋思想から影響を受け、生活や人間性に根ざした句を模索。石田波郷、加藤楸邨らとともに人間探求派と呼ばれた。「萬緑」を創刊・主宰。戦後は第二芸術論争をはじめとして様々な俳句論争で主導的な役割をもった。 清国(現中国)福建省廈門にて清国領事中村修の長男として生まれる。母方の祖父は松山藩久松家の重臣。1904年、母とともに中村家の本籍地・愛媛県伊予郡松前町に帰国。2年後松山市に転居。1908年、一家で東京に移り赤坂区青南尋常小学校(のち港区立青南小学校)に通学する。1912年、再び松山に戻り松山第四小学校に転入。1914年、松山中学に入学。先輩に伊丹万作がおり兄事する存在となる。1916年、伊丹らとともに回覧同人誌「楽天」を制作。1918年、極度の神経衰弱にかかり中学を1年休学。復学した頃にニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』に出会い生涯の愛読書となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中村 草田男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

炎熱―中村草田男句集 (ふらんす堂文庫)


横澤 放川 編集 /
ふらんす堂

中村草田男全集 (6)



みすず書房

中村草田男集 (朝日文庫―現代俳句の世界)



朝日新聞社
昭和59年1刷発行です。経年並の微ヤケはございますが、本文・カバー共、書き込み・折れ・ヨゴレ等はございません。古書としまして良好なコンディションを保っています。丁寧に発送致します。どうぞよろしく。

子規、虚子、松山



みすず書房

中村草田男全集 (8)



みすず書房

大虚鳥(おほをそどり)



みすず書房


中村 草田男の著書を検索する

中村 草田男の関連ニュース


中村 草田男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中村 草田男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中村 草田男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.