中村 光夫

(ナカムラ・ミツオ)
中村 光夫(なかむら みつお、1911年(明治44年)2月5日 - 1988年(昭和63年)7月12日)は、文芸評論家、作家。本名、木庭一郎(こば いちろう)。第6代日本ペンクラブ会長、文化功労者、日本芸術院会員。私小説批判で有名。 来歴・人物 東京市下谷区練塀町(現在の東京都台東区秋葉原)生まれ。祖父木庭榮は医師。 1917年、東京市本郷区追分小学校に入学。本郷区誠之小学校に転じて卒業後、1923年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)に入学。附属中の同級生には、石川馨(東京大学名誉教授)、島田秀夫(日本サッカー協会名誉会長)、小川平四郎(初代駐中国大使)などがいる。 1928年第一高等学校文科丙類(仏語クラス)入学。1931年4月東京帝国大学法学部に入学するが、6月退学。翌1932年4月東京帝国大学文学部仏文学科に再入学し、1935年3月に卒業。卒論のテーマはギ・ド・モーパッサン。この時期は、プロレタリア文学にも影響を受け、そうした習作も書いていた。 大学時代から『文學界』に評論を発表、1935年文芸時評を連載して新進の文芸評論家として注目される。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第20回 野間文芸賞

中村 光夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

日本の現代小説



岩波新書

私小説名作選 上 (講談社文芸文庫)


中村 光夫 編さん /日本ペンクラブ 編集 /
講談社


中村 光夫の著書を検索する

中村 光夫の関連ニュース


中村 光夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中村 光夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中村 光夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.