中村 真一郎

(ナカムラ・シンイチロウ)
中村 真一郎(なかむら しんいちろう、1918年(大正7年)3月5日 - 1997年(平成9年)12月25日)は、日本の小説家・文芸評論家・詩人。なお旧字体の「眞一郎」名義での出版もある。 生涯 東京府(現・東京都)に生まれる。幼くして母を失い、幼少期は静岡県森町の母方の祖父母のもとで育った。東京の開成中学校に入学し、終生の文学的盟友であった福永武彦と知り合う。中学時代に父を亡くし、篤志家の援助もあって第一高等学校に進学する。高校時代に加藤周一と知り合う。高校時代のエピソードとして、加藤たちが横光利一を一高に呼んだときに横光を怒らせて、帽子を忘れて帰ったのを中村が届けに行ったという話がある。 東京帝国大学の仏文科に進学。卒業論文はネルヴァルを選ぶ。在学時に堀辰雄の知遇を得て、終生師事した。プルーストと『源氏物語』という、中村の二大文学的源泉への関心はこの時代にはぐくまれた。この頃、作家の芹沢光治良にも、作家としての矜持のありかたについての示唆をうけている。(毎日原稿用紙5枚書くという中村の習慣は、このときのアドバイスに基づいている) 早くから創作を志し、在学中には劇詩の習作も試みた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第14回 谷崎潤一郎賞

中村 真一郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

複製 近代文学手稿100選


日本近代文学館 編集 /中村 真一郎 編集 /黒井 千次 編集 /大岡 信 : 紅野 敏郎 編集 /
二玄社

青い鳥 (講談社の絵本 1)


久保田 あつ子 イラスト /Maurice Maeterlinck 原著 /
講談社

地図でみる日本の健康・医療・福祉


宮澤 仁 編集 /
明石書店 2017-03-30

消しゴム (河出海外小説選)


中村真一郎 翻訳 /
河出書房新社

水いらず (新潮文庫)


伊吹 武彦 翻訳 /窪田 啓作 翻訳 /白井 浩司 翻訳 /中村 真一郎 翻訳 /
新潮社

文章読本(新潮文庫)



新潮社 2016-06-17
文章を書くというのはどういうことか。現代における文章とはどのようなものか、また、その望ましい姿とは。――森鴎外・夏目漱石など明治の作家から、安部公房・大江健三郎・井上ひさしら現代作家まで、豊富な文例を

中村 真一郎の著書を検索する

中村 真一郎の関連ニュース


中村 真一郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中村 真一郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中村 真一郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.