中村 雄二郎

(ナカムラ・ユウジロウ)
中村 雄二郎(なかむら ゆうじろう、1925年10月13日 - )は、日本の哲学者。明治大学名誉教授。  来歴・人物 東京都出身。第二東京市立中学、成城高等学校を経て、東京大学文学部卒業後、文化放送に入社。その後、明治大学法学部教授を長く務めた。西洋哲学をはじめ日本文化・言語・科学・芸術などに目を向けた現代思想に関する著書が多数あり、主要著作は『中村雄二郎著作集』(岩波書店、第1期全10巻・第2期全10巻)に収められている。山口昌男と共に1970年代始めから雑誌『現代思想』などで活躍、1984年から1994年まで「へるめす」(岩波書店)で磯崎新、大江健三郎、大岡信、武満徹、山口昌男とともに編集同人として活躍し、『かたちのオディッセイ』や『悪の哲学ノート』に結実。「講座・生命」vol.6以降、その動静が伝わってこない状況にあったが、岩波書店で編集者として長年中村雄二郎に伴走してきた大塚信一が『哲学者・中村雄二郎の仕事 の生き方と冒険』(トランスビュー)を執筆の際に東京にある中村宅を訪問。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中村 雄二郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

新・新装版 トポスの知 [箱庭療法]の世界



CCCメディアハウス 2017-03-17
多くの読者のご要望に応え、待望の名著復刻!〈箱庭療法〉という心理療法の一技法をめぐる哲学者と心理療法家の対話。「言うまでもなく、箱庭療法は、箱庭を作るこ

デザート・バイブル



ナツメ社

幸福論 (白水Uブックス1098)


串田 孫一 翻訳 /中村 雄二郎 翻訳 /
白水社

幸福論 (白水Uブックス)


串田孫一 翻訳 /中村雄二郎 翻訳 /
白水社 2014-10-30
抽象思考を重ねるのでなく、日常的な場面の中から幸福への合理的な道筋を見つけだす。デカルトやスピノザの情念論・感情論をふまえて「幸福とは何か」を追究したアラン畢生の名著。

幸福論 (イデー選書)


串田 孫一 翻訳 /中村 雄二郎 翻訳 /
白水社


中村 雄二郎の著書を検索する

中村 雄二郎の関連ニュース


中村 雄二郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中村 雄二郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中村 雄二郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.